06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オフィスカーペットのその後

2006
07/20
*Thu*
Category:ARC関係
オフィスカーペットが水浸しになったことをブログに書いたところ、たくさんの方からお悔やみとお慰めの言葉を頂戴いたしました。この場を借りて皆様に厚く御礼を申し上げます。

カーペットの浸水が発覚したのが、7月17日(月)の午後。

カーペットクリーナー会社がターボドライヤーを置いて帰ったのが翌18日(火)の10:30、そして私が退社する直前までをブログで記載しました。

さて、その後の話です。

ターボくんの電源を廊下のコンセントから取ることは成功しましたが、私の部屋の⑩くんについては「電気代がもったいない。」という理由から、電気を切って帰宅しました。

明けて19日(水)出社と同時に、私のオフィスのドアの下から廊下に伸びているターボくんのコンセントを切り倉庫室内に入ってみました。

つい先ほどまで一晩中豪風を吹き上げていただろう、ターボくんが静かに佇んでいました。 (乾いてなかったらどうしよう。)心の奥深くで疑念を振り払い、カーペットに触れてみました。 

(乾いてる!) と確信しました。

安心して倉庫を出て、今度は私の部屋へ。 

(乾いていない!) (でも、まっいいか。) 事実を適当なあいづつで打ち消し、仕事を始めました。 
昼を過ぎ、午後1時ごろだったでしょうか、クリーナーのおっちゃんがやってきたのは。

鋭い眼光でなにやら道具を取り出し、カーペットを叩き始めました。

ピー!ピー! 

その棒は何をそんなに怒っているのか!というようにある一定の箇所になるとわめき出しました。
“湿度感知器”とでも言うのでしょうか。 どうやら湿り気を感じると騒ぎだす機械のようです。

鋭い眼光でおじさんは「俺がいいというまで電気をつけてろ。」と半ば命令し、すばやくターボくんと⑩くんの電気をONにすると出ていってしまいました。

はれれれ、、、 完璧に乾くまでやらないといけないのか~。

そうして、19日(水)の13:30から本日20日(木)の朝10:00まで、ターボ君は休むことなく豪風を吹き続け、⑩くんは休むことなく湿気という湿気を吸い取ったのでした。

例によって、ターボくんのパワーは夜間だけ廊下から頂戴しましたが、⑩くんは一晩中パワーを私の部屋から取ったのでした。

おもいっきりシミが残ってる乾ききった倉庫のカーペットを見て、新しいものに張り替えておかなくてよかったと安心しつつも、「これが新品のカーペットだったとしても、大家は張り替えてなんてくれないんだろうな。」と思った浸水事件でした。
スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

Toshi

Author:Toshi
旅行の仕事で世界をまわるうちに、海外に住みたいという思いを募らせ、2001年に家族とともにNZに移住。ワーホリサポートエージェント勤務を経て、2005年独立してオークランド留学センターを設立。
海外添乗、海外移住、海外起業、、、、若い頃には思ってもなかった人生を歩んでいます。
海外でのビジネスは、山あり、谷ありだけど、家族や友人に支えられてまだまだ頑張ります☆
今年も「開花」を目指してポジティブに頑張ります。



最近の記事



最近のコメント



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



FC2カウンター



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



Twitter



ブログ内検索



RSSフィード



Copyright © NZの話 Late for the sky All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。