08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

登るべからず。

2011
01/25
*Tue*
オークランドは、火山地帯の上に立つ町なので、やたらと起伏が激しい。

街の中心でも、住宅街でも、坂が多いので、徒歩や自転車での移動には適さない。

住宅街で歩いているのは、ウォーキングを楽しむ人くらいだし、自転車に乗ってるのは、純粋にスポーツとして楽しんでいる人か、郵便配達人くらいで、ママチャリで、ちょっとそこまで買い物に行ってきま~す。という姿を見ることは、ほぼ皆無に等しい。急な坂道をえっちらおっちら登っていく郵便配達人に限っては、「苦行か?」と思うほど辛そうである。見ているほうが心が痛んでしまう。

けど、坂が多いお陰で眺望が良くて、遠くまで見渡せる箇所が、いくらでも存在している。シティから遠く離れた住宅街でも、スカイタワーを見つけられるし、Guy Hawksの花火の時には、ちょっと坂の上に移動すれば、それはそれは綺麗な花火を見渡すことが出来る。

そして、オークランドの特徴だと思うけど、たくさんの鉄塔を見ることも。(NZでは、Pylonと呼びます。)

大きなサイズの鉄塔は、山の頂に建っているが、ちょっと小さいサイズだと、住宅街でも平気で建っている。しかも、人の庭に建ってることも珍しくない。近寄ってみると、ジジジジジジジジ・・という電流音がしている。

市役所が定める、不動産価値(CV)をチェックしてみると、鉄塔の周りの家は、値段が低い。
(高圧電流が流れているわけだから、人の体にいいはずないもんね。)
だけど、そういう家に住むと、市から補助が出るそうなので、経済的な事情で鉄塔の近辺に住んでいる人も多いらしい。



いったい、どれくらいの高圧電流が流れてるのかな? と思ってましたが、小さめの鉄塔に、その表示を見つけました。


pylon 2

11万ボルト!

と、書くとすごい数字のように思うが、あまり想像しにくい。

人は何万ボルトで死に至るのだろう?

Googleで検索してみると、以外や以外、人を死に至らしめるのは、電圧ではなく電流なんだそうです。

こちら


常識で考えれば、こんなところに登る人間はいないと思うのですが、実はニュージーランドでは、子供が鉄塔に登って感電して、死亡する事故が時々あるんです。 

pylon 1

だめだ、と言われると、つい調子に乗ってやってしまうタイプの人がいるけど、鉄塔だけは登っちゃだめですよ。


18歳の子の死亡記事。 http://www.nzherald.co.nz/nz/news/article.cfm?c_id=1&objectid=9004906
すごく、あっさり書かれています。同情なし。



スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

Toshi

Author:Toshi
旅行の仕事で世界をまわるうちに、海外に住みたいという思いを募らせ、2001年に家族とともにNZに移住。ワーホリサポートエージェント勤務を経て、2005年独立してオークランド留学センターを設立。
海外添乗、海外移住、海外起業、、、、若い頃には思ってもなかった人生を歩んでいます。
海外でのビジネスは、山あり、谷ありだけど、家族や友人に支えられてまだまだ頑張ります☆
今年も「開花」を目指してポジティブに頑張ります。



最近の記事



最近のコメント



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



FC2カウンター



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



Twitter



ブログ内検索



RSSフィード



Copyright © NZの話 Late for the sky All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。