08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

利用者インタビュー 樹(みき)さん

2006
05/19
*Fri*
Category:留学
今回のブログはオークランド留学センター利用者インタビュー。

miki shimamoto
樹さんは2006年4月19日にワーホリとしてオークランドに到着し、
英語学校に通っています。日本では旅行会社に勤務されていました。


Toshi(以下T): こんにちは。今日はどうぞよろしくお願いします。

Miki(以下M):こんにちは。こちらこそよろしくお願いします。

T: 樹さんはワーホリで渡航中なんですが、どうしてニュージーランドに来ようと思ったのか教えていただけますか?

M:ある程度まとまったお金が出来たこと、人生をやり直す最後(?)のチャンスだと思ったからです。あとは、ワーホリできる国の中で比較的物価が安かったからです。

T:英語学校のことについて教えて下さい。

M:学校は2つ見学ましたが、雰囲気が自分にあっているような気がしたので現在の学校に決めました。クラスメイトは韓国人・ブラジル人・トルコ人・タイ人の混合クラスで、18歳~50歳まで年齢幅も広く、みんな英語初心者なのですが、いい雰囲気です。
授業は中学生レベルですが、中級までは上げたいと思っています。
今の予定では全部で13週間通うことになっています。

T:学校が気にいってるようですね。 生活面ではどうですか?
困ったことなんかないですか?

M:今はホームステイをしています。家族は子供たちがみんな独立した老夫婦でお父さんとお母さん+犬1匹の構成です。
部屋が寒いくらいで、ご飯もおいしいし、親切で、とても暖かい家庭で楽しく暮らしています。

T:このワーホリ中にやってみたいことはなんですか?

M:まずは英語力をつけて、車を買って、ニュージーランド一周旅行をしたいです。その他にはバイトと旦那探しですね。(爆笑)

T:見つかりそうですか?

M:いい人がいたら紹介してください。

T:オークランド留学センターって知らない人も多いと思うんですが、実際にみきさんが利用してみてどうですか?

M:出発前にメールでのやり取りから始まったのですが、メールの返事が早くてびっくりしました。それから3つ聞いたら10個くらい回答を返してくれました。そして到着後はホームページの写真とは違う人が出迎えに来たので「誰かなあ?」と思いました。

T:それって私のこと?

M:はい。

T:どう違ったのさあ!?

M:写真はさわやか系だったけど、実際はお笑い系だった。(笑)

T:ありがとうございます。(涙)

M:やっぱり一番利用して良かったのは、「いろんな事をしたい。」っていう気持ちばかり焦って、本当に何をしなきゃいけないのか分からなかった時に、いろいろアドバイスや選択肢を教えてくれて、この先の不安が少なくなりました。

T:今は充実して英語の勉強がんばってるもんね。

M:そう思いたい。(苦笑)

T:え~、では最後に何か、なんでもいいです、一言下さい。

M:おにぎりとソーメンを作って食べるぞ!

T:何それ?

M:来週からフラット生活なので、とりあえず日本食を・・・。
スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

Toshi

Author:Toshi
旅行の仕事で世界をまわるうちに、海外に住みたいという思いを募らせ、2001年に家族とともにNZに移住。ワーホリサポートエージェント勤務を経て、2005年独立してオークランド留学センターを設立。
海外添乗、海外移住、海外起業、、、、若い頃には思ってもなかった人生を歩んでいます。
海外でのビジネスは、山あり、谷ありだけど、家族や友人に支えられてまだまだ頑張ります☆
今年も「開花」を目指してポジティブに頑張ります。



最近の記事



最近のコメント



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



FC2カウンター



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



Twitter



ブログ内検索



RSSフィード



Copyright © NZの話 Late for the sky All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。