05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残る言葉

2010
07/23
*Fri*
前回のブログで、「小西くん、電車に乗るときは切符は前払いやろ。」と、出発前集金を説いてくれたS課長。

その課長さんは、僕が勤務していた支店へ転勤でやってこられた、痔持ちで、頭の禿かけた、経理畑一筋うん十年で、異常なまでにパワフルに仕事をこなすおっさんだった。こてこての大阪弁を話し、だじゃれを連発し、(今で言う、おやじギャグ)、営業マン泣かせのルールに厳しく数字にうるさい、50代前半のおっさんだ。

仕事を覚えて、ある程度数字も稼げるようになって、自信満々の僕の前に現れたそのおっさん、もとい、課長は、仕事場で、酒の席で、僕にいろんな説教をしてくれた。

「お客さんは怒ってはるんや。振り上げた拳のおろし先を作ってあげな、困りはるやろ。君が間違ってなくても、まずは謝らなあかん。」

「仕事っていうのはなあ、端(はた)の人が楽になるためにするもんや。だから、働く(端楽)っちゅうんやあ。」

「しんどいことから、逃げたらあかん。 火中の栗を拾いに行け。熱くないかもしれんやろ。」


などなど。


仕事を覚えてきて、数字も稼げるようになって、自信満々の若手営業マンだった僕は、その課長さんの言葉に、「うっとうしいなあ。」と思っていた。 未収、精算間違いなどがあっても、「ええやんちょっとぐらい。」と思っていた。

だけど、仕事をしていくうちに、これらの言葉が身にしみて分かる機会が増えていき、今では教訓となっているように思う。 


今ではクレームをもらうと、「言っていただいてありがとうございます。」と、逆に感謝できるし、仕事はチームプレーだと思うし、トラブルの時にはいつも「ど~ん」とへこむけど、すぐに「やったるで~!」と切り替えるようになった。


言葉って、ずっと残るもんですね。


だからじゃないけど、自分が発する言葉も、誰かの心に残る、(あるいは残ってしまう。)と思うと、ちゃんと喋らないといかんなあ、と思ったりもするわけです。


おしまい。



PS、
おやじギャグ満載の課長の、ある日の一言。
「録音行ってくるわ。」

。。。どこですか?

「トイレや!」

。。。なんでですか?

「音入れ。」

・・・・ははあ、、。


とは言え、最近の僕もこれに近いことを言えるようになりました。合掌。


スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

Toshi

Author:Toshi
旅行の仕事で世界をまわるうちに、海外に住みたいという思いを募らせ、2001年に家族とともにNZに移住。ワーホリサポートエージェント勤務を経て、2005年独立してオークランド留学センターを設立。
海外添乗、海外移住、海外起業、、、、若い頃には思ってもなかった人生を歩んでいます。
海外でのビジネスは、山あり、谷ありだけど、家族や友人に支えられてまだまだ頑張ります☆
今年も「開花」を目指してポジティブに頑張ります。



最近の記事



最近のコメント



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



FC2カウンター



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



Twitter



ブログ内検索



RSSフィード



Copyright © NZの話 Late for the sky All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。