10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ティリティリマタンギ島へ

2010
07/14
*Wed*
一度は行きたいと思いながらも、なんとなく先延ばしになっていたティリティリマタンギ島へ行ってきました。

マオリ語の変わった名前ですが、英語で"tossed by the wind"という意味だそうです。

Tiri

オークランドの港を離れて1時間半。


この島は野鳥の楽園となっていて、フェリーの桟橋から、灯台のある山頂まで、ボランティアガイドさんが案内してくれました。 道中、いろんな鳥に会えるのが、この島の見所です。




Stichbird
Bell Bird


Tui
Tui


Takahe
Takahe


New Zealand Pegion
NZ Pegion




行ってみて何に驚いたか、というと、この島は人間が人工的に自然に戻したということ。


1800年代の後半にヨーロッパからの入植者が開拓して、1971年までファームとして利用されていました。
ファームで利用するというのはどういうことかと言うと、木や森を切り倒し【まさしく自然を破壊をし】牛や羊のための放牧地を作ったということです。 


ファームの地としてリース契約が切れた1971年から、この島を自然に戻そうという計画が持ち上がり、数多くのボランティアの手によって植林が行われ、哺乳類を排除し、(ねずみなどの4つ脚動物は鳥の天敵) 島を森林に戻し、そして絶滅の恐れのあるニュージーランド固有種の鳥たちを連れて来たのです。


このことを知って、「ニュージーランドが取り組む自然環境保護」というのは、「守る」だけではなく、「作って」「育てる」こともやっているのだと知りました。


「ニュージーランドは自然が多い」とよく言われますが、実は目に見える牧草地とは、自然を破壊して、人工的に作りだした緑色の土地なわけで、あれは決して「自然」とは言えないのです。国土の森林率で言うと、日本は67%で、ニュージーランドは30%!! 森林率を自然と置き変えることが出来るなら、実は日本の方が自然の多い国なんです。




そして、この再生活動を支えているのは、一般のボランティアの人たちであることも忘れてはなりません。

島を案内してくれたガイドさんはボランティアで、なんと、ボランティアになるには毎年お金を払って会員にならないといけないんですよ! (ガイド料として支払った5ドルはそのまま島に寄付されるそうです。) 興味のある方は、是非ボランティア登録をしてみてはいかがでしょうか!(こちら






ティリティリマタンギ最高! 嬉しくてジャンプ!
Tiri3


スポンサーサイト

COMMENT

No title
17日だったと思うのですが、
NZの番組があって、ちょうどティリティリマタンギ島のことも
放送していました。
ちょうど、私にはタイムリーな日記でした。
2010/07/20(火) 22:27:40 | URL | のぞみ #- [Edit
No title
日本のTV番組でも取材されるくらい有名なんですね。でも、こっちに住んでる日本人でも知らない人が多く、「ティティランギ」と、間違える人もいまよ。
2010/07/24(土) 09:24:48 | URL | Toshi #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

Toshi

Author:Toshi
旅行の仕事で世界をまわるうちに、海外に住みたいという思いを募らせ、2001年に家族とともにNZに移住。ワーホリサポートエージェント勤務を経て、2005年独立してオークランド留学センターを設立。
海外添乗、海外移住、海外起業、、、、若い頃には思ってもなかった人生を歩んでいます。
海外でのビジネスは、山あり、谷ありだけど、家族や友人に支えられてまだまだ頑張ります☆
今年も「開花」を目指してポジティブに頑張ります。



最近の記事



最近のコメント



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



FC2カウンター



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



Twitter



ブログ内検索



RSSフィード



Copyright © NZの話 Late for the sky All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。