10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オークランド大学卒業式

2010
05/03
*Mon*
私の家内で、オークランド留学センターの翻訳担当者でもある映子が、昨年オークランド大学の翻訳者コース(Postgraduate Diploma in Translation Studies)を卒業し、その卒業式が行われたので、一緒に参加してきました。


今日は晴れの舞台であるのと同時に、僕にとっても貴重な体験。いつもクイーンストリートを卒業生が行進しているのは見てましたが、実際の卒業式というのがどういうものか分かりました。


今日は文学部の卒業式でしたが、式典スケジュールは次のとおり。

09:00 Government House前の特設テントに卒業生集合
09:30 パレード開始  大学~Bowen Avenue~Queen Street~Aotea centre
11:00 レセプション 特設テントでの立食式食事会
13:30 Aotea Centreにて卒業証書授与式
15:30 終了


以下、写真で追っていきましょう。

Uni1
パレードの先頭はいつもバグパイプ。

Uni2
ガウンに身を包んで行進しますが、このガウン結構重い! 
Mt Edenにある専門店でレンタルします。

Uni3
パレードが終わると一旦解散。11時過ぎにOld Government Houseに集合。
この建物は普段は入ることのできない建物だそうです。


Uni4
その真向かいに巨大なテント。ここでレセプションが行われます。

Uni5
すごい人!

Uni6
食べ物はフィンガーチップばかりだけど、どれも熱々でおいしい。

Uni7
スパークリングワインもふんだんにあります! 2杯もいただきました。

Uni8
途中で学部長の挨拶。
12時半頃までは、ここでおしゃべりしたり、食事を取ったりします。もちろん、外に行ってもOK.


Uni9
卒業証書授与式はAotea Centre。 家族でも入場券が必要です。

Uni10
学長はじめ、大学のBOTたちがずらりと勢ぞろい。

Uni12
卒業生といっても、学部卒の学生からマスター、ドクターまで相当数いるので、1人1人の名前を読み上げて証書を渡すのに2時間近くかかりました。


Uni13
卒業者の名前がこの中に書かれています。


以上です。


彼女は翻訳の仕事をしていますが、翻訳者になるための資格というものは存在しません。
Practicalに仕事ができれば、それで問題はないのですが、なぜ大学に進んだかというと、ニュージーランドの翻訳者協会に加入するためでした。大学で学ぶことはTheoryが中心で、「仕事には何の役にも立たない。」らしいですが、この協会に入ることで、仕事の幅が広がるだろうと考えたからだそうです。

しかし、実際に勉強をしてみると、翻訳に関する知識だけではなく、アカデミックな目標を持った友人に出会い、視野も広がり、形にできないものを数多く学ぶことができたようです。

社会に出て行く人、まだ大学に残って研究を続ける人、何をするか決まってない人など、いろんな人がいるようですが、卒業式に出てた人たちの顔はとても晴れ晴れとしていました。

働く人も研修を続ける人も、仕事をするというのは個人の金や名誉のためではなく、最終的には「世の中の役に立つ」ためだと思うんですね。役に立つためには幅広い知識と教養が必要で、それを得るために人は勉強をするし、勉強した人は知識や教養以外にも、もっと有益なものを身につけることができて、気づかないうちに世の中の役に立つことをしているんじゃないかと思います。

晴れの舞台で証書を貰う人たちをみて、そんなことを考えていました。


Uni15

卒業おめでとう! 


たくさん仕事してや~。




スポンサーサイト

COMMENT

おめでとうございます
映子さん、ご卒業おめでとうございます。
大学卒業後、一度社会に出て、主婦になり、仕事を始め、さらに大学に入学し卒業するなんて、努力家としか言えません!(見習いたいです・・・)
これからのますますのご活躍、楽しみにしています!
Congratulations!!
(最後のお写真、素敵です!)
2010/05/04(火) 00:30:17 | URL | あんちゃん #- [Edit
No title
家内に代わって御礼申し上げます。v-308
2010/05/07(金) 08:39:21 | URL | Toshi #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

Toshi

Author:Toshi
旅行の仕事で世界をまわるうちに、海外に住みたいという思いを募らせ、2001年に家族とともにNZに移住。ワーホリサポートエージェント勤務を経て、2005年独立してオークランド留学センターを設立。
海外添乗、海外移住、海外起業、、、、若い頃には思ってもなかった人生を歩んでいます。
海外でのビジネスは、山あり、谷ありだけど、家族や友人に支えられてまだまだ頑張ります☆
今年も「開花」を目指してポジティブに頑張ります。



最近の記事



最近のコメント



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



FC2カウンター



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



Twitter



ブログ内検索



RSSフィード



Copyright © NZの話 Late for the sky All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。