04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本読み 12月~1月

2010
01/19
*Tue*
今週末に家族が日本から帰ってくるので、久しぶりの1人暮らしももうすぐおしまい。

去年はあと3日というところで、うさぎのキャンディにパソコンのコードをかじられるという悲劇があったので、それだけ注意しないと。 今朝もうっかりPC部屋を開けっ放しにして、キャンディ放ったらかしにしておいたら、机の下に潜り込んでいた。発見があと10秒遅れていたら、去年の二の舞だった。あぶないあぶない。






sosite

「そして私は一人になった」 山本文緒

タイトルにひかれてオークランド図書館でレンタル。
日記スタイルのエッセイは結構好き。毎日の出来事を切り取って文章にするいうことは案外難しいので、職業といえども書き続けることに敬意を表します。



omaedake

「寂しいのはお前だけじゃな」 枡野浩一

「お前だけじゃない。」ではなくて、「お前だけじゃな。」って気づいたのは本を読み終えてから。
おもろいこと言うなあ。 
この人は僕と同い年だ。同世代って、価値観とか考え方が似ているところがあるので読みやすいね。



satsuki

「星に願いを ~さつき断景」 重松清

90年代という時代は、阪神大震災やオウムのサリン事件や酒鬼薔薇事件など、暗いニュースが多かった。
というか、2000年以降も暗いニュースが多いので、地球が温暖化どころか暗黒化しているのが間違いのない事実。
個人的に90年代を振り返ると、(もう10年前!) ニュージーランドに来る前の時代だったので、「本当にあったのかなあ?」と遠い世界のことに思える。 The Lovely Bonesのあっちの世界とこっちの世界くらい、別モノに感じる。



henshin

「変身」  東野圭吾

“やっているうちに調子に乗ってしまう。”ということがあるけど、この小説って、きっと書いてるうちに、「えーい、もういいやあ、あれも書いちゃえ、こんなことも書いちゃえ。」って感じで作家が調子に乗って主人公に暴走(あるいは凶暴化)させたのでは? おかしくて吹き出しながら読みましたが、内容はサスペンスホラーです。



southbaound

「サウスバウンド」 奥田英朗

主人公の小学生の少年がよく食べる。朝からおかわり3杯は当たり前。 
自分が子供の頃って、どれだけ食べたか覚えてないけど、12歳の娘の食欲を見ていると、きっと相当食べていたんだろうな、と思う。 僕は3人兄弟だったので、きっと家計も大変だったろうな。と、いうことを考えると、改めて親に感謝です。



スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

Toshi

Author:Toshi
旅行の仕事で世界をまわるうちに、海外に住みたいという思いを募らせ、2001年に家族とともにNZに移住。ワーホリサポートエージェント勤務を経て、2005年独立してオークランド留学センターを設立。
海外添乗、海外移住、海外起業、、、、若い頃には思ってもなかった人生を歩んでいます。
海外でのビジネスは、山あり、谷ありだけど、家族や友人に支えられてまだまだ頑張ります☆
今年も「開花」を目指してポジティブに頑張ります。



最近の記事



最近のコメント



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



FC2カウンター



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



Twitter



ブログ内検索



RSSフィード



Copyright © NZの話 Late for the sky All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。