10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少林寺拳法、今年最後の練習

2009
12/17
*Thu*
2005年から習い始めて早や4年。 今年の練習も16日(水)が最後。




最後の練習日は、毎年恒例の 1000本突き、そして 演武発表です。




突き(パンチ)や蹴り(キック)をトータルで1000回やります。


少林寺   1 少林寺  2
始まる前はみんな少し緊張気味。 僕も蹴りの練習をしています。








ストレッチが終わっていよいよ今年最後の練習がスタート。


偶然一番後列の端っこに並んだので、師匠の許可を貰って途中で何枚か写真を撮りました。




少林寺   3
まずは軽く上段突き100回





蹴り
そして蹴り上げを100回





少林寺  4
さあこのあたりからペースを上げます。内受け突き400回




少林寺   5
蹴り上げ、400回 最後は足をあげるのが辛い。







少林寺  5
はあ、やれやれ、1000本終了。




次は演武に向けて軽く練習。この日の演武ために約2ヶ月間練習してきました。

少林寺   6 少林寺   7


少林寺拳法はSelf Diffenceの武道。

つまり、試合はありません。

演武(えんぶ)という型を披露します。




この道場では、帯の色は次のように変わっていきます。


初心者: 白帯

5級:オレンジ

4級:緑



そして3級から1級までは茶色の帯になります。

僕は1級なので、茶帯です。

1級の上が初段、2段、3段と段が上がっていきます。

この道場で一番上の人は3段です。

帯はもちろん黒帯。




ビデオのセットもOK! さあ、いってみよう!

少林寺  8






初心者~4級による団体演武

少林寺  9




4級の組演武 空手経験者なので、なかなかの迫力。

少林寺   10



1級の女性による単演

少林寺 11






2級の組演武  この2人は階段を駆け上がるようにめきめき昇級しています。

少林寺  11





1級と2級の組演武   イスラエル人とフィリピン人の組み合わせ。
道場ではいろんな国の人と友だちになれます。

少林寺  12







背中を向けてるのが僕です。パートナーは最近1級になったばかりの紳一くん。

少林寺  13





なかなか決まってるやん♪

少林寺  14





僕の次からは黒帯の演武です。

動きも速いし、道場を広く使って、迫力ある技を披露。

少林寺  16



少林寺  17




この道場の女性No1少林ジャー 3段K子さんによる単演

少林寺  18





少林寺 19


黒帯になってくると写真で見てもキレがあるのがよく分かります。




少林寺  20






全員の演武が終わって練習は終了。



礼!!

礼1




最後にお互い、礼!

礼2






これまでは、突き指、ねんざ、軽い肋骨のヒビ、万年痣だらけ、など

何かしらの怪我がつきものでしたが、M男と化してきて、

「痛くてこそ、武道だよ。」などとほざいて、どこか痛くて当たり前でした。

少しずつ上達してきているのでしょうか、今年はあまり怪我をすることなく練習に参加することが出来ました。




1000本突きの時、一番後ろから見渡して気づいたのですが、


疲れてくるに従って、殆どの人は体の軸がぶれていました。


上がらない足をあげるため、背中をのけぞらしたり、


疲れて伸び切らなくなった突きを伸ばすため、前のめりになったり。


しかし、しっかりしている人はどれだけたっても軸がぶれませんでした。


練習後のパブで、全く軸のぶれなかった黒帯のTさんに、そのことを言うと、


練習の賜物であるのはもちろんのこと、1つ1つの動きを大切にするように心がけています。

という返事が返ってきました。



それを普段の生活や心構えに置き換えてみて、


「ぶれない」ということが、どういうことなのか、考えてみるいい機会になりました。



 全員

さあ、来年はいよいよ黒帯に向けてがんばろう。



スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

Toshi

Author:Toshi
旅行の仕事で世界をまわるうちに、海外に住みたいという思いを募らせ、2001年に家族とともにNZに移住。ワーホリサポートエージェント勤務を経て、2005年独立してオークランド留学センターを設立。
海外添乗、海外移住、海外起業、、、、若い頃には思ってもなかった人生を歩んでいます。
海外でのビジネスは、山あり、谷ありだけど、家族や友人に支えられてまだまだ頑張ります☆
今年も「開花」を目指してポジティブに頑張ります。



最近の記事



最近のコメント



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



FC2カウンター



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



Twitter



ブログ内検索



RSSフィード



Copyright © NZの話 Late for the sky All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。