06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワーホリの帰国後

2006
04/20
*Thu*
Category:留学
以前勤めていた会社と、このオークランド留学センターを通じて約5年間、ワーキングホリデーや留学生の担当をしています。ワーホリだと1年間の付き合いになるので、彼らが帰国する頃にはすっかり友人になっているのですが、帰国後もたまに連絡をくれる人やオークランド留学センターのホームページを見つけて連絡を下さる方もいます。(みんなありがとう!)

彼らからのメールを読むと、のびのび暮らしたニュージーランドでの生活と、多忙な仕事とストレスに悩まされる日本の生活とのギャップに辟易としているようです。そして例外なく「またニュージーランドに戻りたい。」と書いてあります。

「よくわかる。」と言ってしまうと失礼かもしれませんが、私も日本で体育会系のような会社で10年間サラリーマンをしていたので、仕事の大変さや人間関係のストレスは覚えがあります。今でも上司と会議をしてる夢や、お客さんに謝ってるような悪い夢を見ることがあります。

ワーホリというのは(誤解を覚悟で大げさに言ってしまえば)、社会に対して責任を持つ必要のない時間なので、自分の好きな通りに物事を選択することが出来ます。その期間は自分のことだけを考えていればいいので、ストレスは溜まりにくいでしょう。

帰国後に社会に復帰すると何かしら複数の責任を背負うようになるのでとても大変だと思いますが、逆に言うと社会から必要とされる人間になれるのですから、それはそれで素晴らしいことだなと思います。

Wellax1
Wellax2
代官山インスパイアサロンWellaxは2004年にワーホリで渡航していたエツコさんが経営するリラクセラピーだそうです。「体の調子が悪いので癒されたい!&ニュージーランドの事が知りたい」方はぜひ!(このブログを見つけたエツコさんがメールを下さいましたので宣伝させていただきました。お仕事頑張って下さい!)
スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

Toshi

Author:Toshi
旅行の仕事で世界をまわるうちに、海外に住みたいという思いを募らせ、2001年に家族とともにNZに移住。ワーホリサポートエージェント勤務を経て、2005年独立してオークランド留学センターを設立。
海外添乗、海外移住、海外起業、、、、若い頃には思ってもなかった人生を歩んでいます。
海外でのビジネスは、山あり、谷ありだけど、家族や友人に支えられてまだまだ頑張ります☆
今年も「開花」を目指してポジティブに頑張ります。



最近の記事



最近のコメント



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



FC2カウンター



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



Twitter



ブログ内検索



RSSフィード



Copyright © NZの話 Late for the sky All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。