08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

折り返し地点

2009
06/30
*Tue*
気が付けば今日は6月30日。 明日は7月1日。

まさに1年のちょうど半分 「折り返し地点」。


年初にあげた目標がどれくらい達成できたかな? 


数えてみると、まだ全然達成でぎでいない。。。 


残り半年で達成できるんだろうか?達成しようと努力しているのかな?




目標というゴールを目指している中で、自分の中に芽生える自信だとか、意識の変革というものがあるけど、その副産物的な心の変化というのは価値があると思う。それは英語で言うところのserendipityかもしれない。

Wikipediaによると;
何かを探している時に、探しているものとは別の価値あるものを見つける能力・才能を指す言葉である。何かを発見したという「現象」ではなく、何かを発見をする「能力」のことを指す。平たく云えば、ふとした偶然をきっかけに、幸運を掴むことである。


ふとした偶然をきっかけにするということは、つまり意識していようが無意識であろうが、そのきっかけを掴もうという前向きの姿勢が必要であり、その偶然を受け入れようという柔軟さが必要であるということなんですね。そして、それが引き金となって、幸運に導かれていくんです。
なんでも受け入れる自然体であれば、serendipity はおのずとやってくるんだけど、歳を重ねるに従い、人間っていうのは、だんだんと凝り固まった頭になっていく。 

目の前に書いてあることさえ思い込みで、違うことが書いてあると理解するようになってしまう。
いいことさえも、悪いことのように思い込んでしまう場合もある。

僕よりもまだ10ほど上の人たちと仕事をする機会があるが、"頭が固いなあ。”と感じてしまうときが頻繁にある。その人たちの性格というのではなく~長い付き合いで仕事をしているので~、頭が固くなっているなあ、と思うのである。しょっちゅう怒るし、文句を言う。そのたびに理解をしてもらうまで説明を繰り返す。 「なんで最後まで文章を読まないんだ?」「だから、最初からそう言ってるやん!」とか思うのである。そして、「あぁ、俺もいつか、あのように頭が固くなるのかなあ。嫌やなあ。」とため息をつく。

そんなふうになるとserendipityなんて、はるか100万光年のかなたのままだ。
と、いうことで1年の折り返し地点を機に、「やわらか頭」を目標の1つに加えて、serendipityをつかめるように頑張るべ~。






留学のご相談は オークランド留学センター へ!

スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

Toshi

Author:Toshi
旅行の仕事で世界をまわるうちに、海外に住みたいという思いを募らせ、2001年に家族とともにNZに移住。ワーホリサポートエージェント勤務を経て、2005年独立してオークランド留学センターを設立。
海外添乗、海外移住、海外起業、、、、若い頃には思ってもなかった人生を歩んでいます。
海外でのビジネスは、山あり、谷ありだけど、家族や友人に支えられてまだまだ頑張ります☆
今年も「開花」を目指してポジティブに頑張ります。



最近の記事



最近のコメント



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



FC2カウンター



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



Twitter



ブログ内検索



RSSフィード



Copyright © NZの話 Late for the sky All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。