11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健さん's Night

2009
06/26
*Fri*
いや~、しびれたあ。

さすが、健さん。 男は黙って耐え難きを耐え、忍びがたきを耐え、、、。


何事かと言うと、日本領事館の主催する日本映画の夕べ。今月の映画は高倉健さん主演の「駅 Station」。 それを今夜見に行ってきたのだ。

僕は健さんや寅さんや浜ちゃんなど、日本映画然とした映画が大好きで、ニュージーランドに移住してからも機会があれば、古き良き日本映画を楽しんでいる。今回の映画の上映を知った2ヶ月前から、この日は予定を入れないようにしよう!と意気込み、「おい、俺に付き合えよ。健さん見ようぜ。」と、23歳のワーホリの男の子を誘って、意気揚々と映画が上映されるオークランド大学のキャンパスまで行ってきたのだ。

映画は、倉本聰が“高倉健のために書き上げた”脚本で、つまり、健さんの魅力をこれでもかと詰め込んでいる。実際の健さんがどんな人かは知らないが、僕たちが思い浮かべる、「無口で、強い」男の人がスクリーンに現れ、困難に立ち向かう姿、そして愛する者を守る姿を見ていると、自分がなんておしゃべりで軽薄な人間なんだろうと嫌になってしまう。「健さんのようになりたい。」と、健さんの出る映画を見るたびに思ってしまう。

「ニュージーランドに来てから一番渋い2時間を過ごせました。」とは23歳のノリ君の弁。
彼は映画が終わった後に、友人たちと飲みに行く約束をしていたのだけど、「この後、みんなと大騒ぎして酒を飲むなんて出来ないっすよ。俺1人、健さんにどっぷりはまって無口になっちゃいますよ。」と笑っていた。

高倉健のいくつかの映画で恋人や奥さんの役をする倍賞千恵子がすごく素敵だった。八代亜紀の歌う「舟唄」にじーんときた。出てくる風景が古めかしく、小林稔侍や宇崎竜童が冗談のように若くても、高倉健は僕のイメージのまま高倉健だった。 ああ、ええもん見せてもろた。と感激する。

僕が思うに、高倉健が醸し出す「強い男」のイメージは、“決して自分自身は強い人間ではないが、困難に負けない意志を持っている” ではないかと思う。映画の中で動き回る健さんに自分を重ねて、「がんばらなくては。。」と思わせてくれるのが健さん映画のいいところだと思う。

そしてもう1つ、「頼れる男」(頼れる人というよりも“男”)というイメージだ。
「この人に任せておけば大丈夫。」という、ヒーロー然とした雰囲気では決してないのだが、例えて言うと、リーサルウェポンのリッグス刑事や、24のジャックバウワーでなく、ダーティーハリーのハリー・キャラハンであり、許されざる者のウィリアムなのだ。(どっちもイーストウッド)

最近好きな言葉に、「Leave it to me」というのがある。「trust me」や「believe me」と違って、「任せてくれ。」というニュアンスがもっと強くこめられた言葉だ。
プライベートなことで、困ったことが起こったのだけど、間を取り持ってくれたKiwiが 「Don't worry, Leave it to me」と言ってくれて、すごくほっとした、救われた気分になった。

こういう言葉を使えるようになるには、自分に自信がないといけないし、経験もないと言えないのだろうと思う。しっかりと言える大人になって、いつまでも健さん像を追い求めたいものです。


ken san


スポンサーサイト

COMMENT

No title
総領事館の上映会、メジャータイトルじゃないのに見終わってああいい映画だったって作品がたくさんありますよね。フィルムで観るせいか感動も一入です。そういえばinternational film festでおくりびと上映しますよね。英題がDepartureですか。
2009/07/04(土) 00:19:30 | URL | トシ #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

Toshi

Author:Toshi
旅行の仕事で世界をまわるうちに、海外に住みたいという思いを募らせ、2001年に家族とともにNZに移住。ワーホリサポートエージェント勤務を経て、2005年独立してオークランド留学センターを設立。
海外添乗、海外移住、海外起業、、、、若い頃には思ってもなかった人生を歩んでいます。
海外でのビジネスは、山あり、谷ありだけど、家族や友人に支えられてまだまだ頑張ります☆
今年も「開花」を目指してポジティブに頑張ります。



最近の記事



最近のコメント



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



FC2カウンター



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



Twitter



ブログ内検索



RSSフィード



Copyright © NZの話 Late for the sky All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。