06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニューヨーク

2009
05/05
*Tue*
ゴールデンウィークをお楽しみのみなさん、いかがお過ごしですか?



豚ちゃんインフルエンザで大騒ぎの日本を離れて、(って、言ってもすでに離れてるか。)



僕は今、



ニューヨークにいま~っす!!









NY3

ツインタワーは無くなったけど、キングコングの登ったエンパイアステイトビルは健在です。


NY2セントラルパークも観光客で賑わっています。





はい。



もちろん、嘘です。




シルバーアクセサリーアーティストのYukiさんから、貰った写真でした。




僕にとってNYといえば、ジョンレノン。



ジョンレノンといえば、イマジンをカヴァーした忌野清志郎。




その忌野清志郎がなくなった。

僕が最初に清志郎のことを知ったのは、ど派手なメークで坂本龍一と歌っていた「いけないルージュマジック」。小学生だった僕は、この2人はおかま系の人(当時はゲイという言葉を知らなかった。)で、まさしく「いけない」ものを見てしまったと思っていた。


その後、「雨上がりの夜空に」で大ブレークしたRCサクセションは中学生になった僕たちの、ちょっとした不良アイテムで、大きくワルを気取れない小ワルの同級生の間では、RCのレコードを聞き、髪の毛を申し訳なさそうにツンと立てるのが密かなブームになっていた。


僕はというと、中学生よりもむしろ、大学生になってから清志郎に目覚め、特にTimersというユニットで出したCoversというアルバムの歌たちは90年代の僕の青春テーマソングとなった。


インターネットで訃報を知ったその日、なかば呆然としてYou Tubeで過去の映像をみまくった。
ぴょんぴょん飛び跳ね、「べいべ~逃げるんだ、げるんだ~!」と歌うやんちゃんな清志郎、化粧をしていないと、少年のようなあどけない顔の清志郎、50代後半になっても昔と変わらない独特の声で、「愛しあってるか~い?」と叫ぶ清志郎。


たくさんのヒットソングや心に残る歌を歌ってきて、その時代に成長をしてきた僕にとって清志郎の歌はいつも流れていたBGMだったんだな、と思わざるをえない。
受験戦争にもまれていた時は「トランジスタラジオ」を、社会の理不尽な仕組みに憤慨したときは、「ラブミーテンダー」を、オトナの仕事の世界にくたびれたときは「パパの歌」を、そして気分のいい時は「デイドリーム ビリバー」を。


ずっとYou Tubeを見ているわけにもいかないので、今はCDが欲しい。
(ダウンロードって手もあるけど、ipodって外国にいると日本の曲って購入できないんですよね。あっ、そういえばYahoo! の動画配信だって、外国からは見えないように出来てるんです。便利なものも使えなければ不便なものです。)


清志郎さんのご冥福をお祈りします。


合掌。







スポンサーサイト

COMMENT

ありがとうございます!
写真使っていただきまして、ありがとうございました。
さすがにきれいに加工されていますね。(*^^*)
”ちょっとまっててね。小西さんに送る写真を撮るからね~”
と目に入れても痛くないくらいのかわいい甥っこちゃんを
乳母車に乗せ、レンズと甥っこをかわるがわる
見ながら撮ったかいがありました。^^
誰かに連れて行かれるなんてことはないと分かっていながら
私にとっては大切な甥っ子ちゃんで、目を離すのは
一秒たりとも!という気持ちで あの光景は第三者が見ると
かなりおもしろかったのでは!?と思います。笑
2009/05/08(金) 11:54:51 | URL | YUKI #- [Edit
Re: ニューヨーク
いいなあ、ニューヨーク。羨ましい。
何度か行きましたが、また行きたいところですね。
甥っ子ちゃんの面倒を見ながらの写真撮影は大変だったと思います。
どうもありがとう! 

では、ニュージーランドで会いましょう。
2009/05/09(土) 18:01:52 | URL | Toshi #- [Edit
Re: ニューヨーク
でましたっ!ウソシリーズ。今年はこのシリーズに期待していますっ!ブログ本作りましょう!v-14
2009/05/11(月) 14:31:50 | URL | 真由美 #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

Toshi

Author:Toshi
旅行の仕事で世界をまわるうちに、海外に住みたいという思いを募らせ、2001年に家族とともにNZに移住。ワーホリサポートエージェント勤務を経て、2005年独立してオークランド留学センターを設立。
海外添乗、海外移住、海外起業、、、、若い頃には思ってもなかった人生を歩んでいます。
海外でのビジネスは、山あり、谷ありだけど、家族や友人に支えられてまだまだ頑張ります☆
今年も「開花」を目指してポジティブに頑張ります。



最近の記事



最近のコメント



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



FC2カウンター



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



Twitter



ブログ内検索



RSSフィード



Copyright © NZの話 Late for the sky All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。