06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心に浸みる(?)にほんのうた。

2009
05/03
*Sun*
日本人の声楽家によるミニコンサートに行ってきた。場所はシティ内にあるSt Matthew Church.
声楽家によるコンサートに行くなんて生まれて初めてだし、自分1人なら行こうとも思わなかったと思う。もちろんピアノ好きの家内が、日本人コミュニティの雑誌で見つけてきたものだ。

歌う人は、男性のテノール歌手と女性のソプラノ歌手。事前にもらったチラシにはプロフィールも書かれていて、それを見ると2人は夫婦だ。他に男性テノール歌手がもう1人と女性のピアニスト。
どんな経緯でこのコンサートが行われるのかは分からないが、領事館が主催するピアノコンサートや民謡コンサートなど、日本からプロのアーティストがやってくることが年に1、2度あるので、たぶん今回もそんなものだろう。公演は午後2時30分から休憩を入れても午後4時まで。

断っておくが、僕はバレエに始まって、交響楽団のコンサートなど、伝統と歴史ある音楽芸術に関しては、全くの素人。交響楽を聴きに行って、演目数が少ないのを見て、「なんだ、こんだけしか演奏しないのか。」と思ったら、1曲が20分もあって、びっくりした。というレベルである。家内の「見に行かない?」という誘いに、一瞬躊躇したものの、娘も行くとあっては、日曜の午後を1人で過ごすのも寂しいし、声楽を見るなんて機会もめったにないことだし、と思って出かけてきた。

第1部はヨーロッパの音楽が中心。テノール歌手の歌声が教会の高い天井に反響して、何を歌っているかは分からないがとても心地いい具合だ。ソプラノ歌手の歌声もとても素晴らしい。


第2部は日本の歌が中心だ。「赤とんぼ」では、僕の斜め前の中年女性が思わず涙を流していたし、
「この道」では、最近世間をお騒がせした草薙くんが出ていたテレビドラマを思い出して、思わず僕もじーん。
日本の歌で気分がすっかり盛り上がり、「待ちぼうけ」や「からたちの花」、そして「千の風になって」など
知ってる曲が歌われるごとに、僕の気持ちもあの懐かしい日本へ。
前のほうの客席を見渡すと、それぞれ思い入れのある曲にうっとりしているのが分かる。

みんなの気持ちが盛り上がったところで、「ふるさと」が始まる。もうだめだ。涙腺がゆるみ始める。
3人の歌手がみんな一緒に歌っている。「兎追ひし かの山~♪」
隣を見ると、家内の目元もゆるんでいるように見える。
ところが2番が始まった途端、あろうことかテノール歌手の1人が歌詞を間違えた。
3番の歌詞を歌いだしたのだ。
「あれ?」と思ったその瞬間、もう1人のテノール歌手とソプラノ歌手は、なんと間違えた歌手に合わせて3番の歌詞を歌い出している。
「あれれ?」と思っている間に、3人の歌声はいつのまにか2番に戻り、やがて何事もなかったように全員で3番を歌い終えてしまった。

涙が落ちかけていた僕の目元は、すっかり乾いてしまい、感動の文字もどこかに隠れてしまった。
スポーツだけだと思っていたチームプレーが、声楽の世界にも存在するのを知ってしまった瞬間なのだろうか。
他のお客さんだって、歌詞を間違えたことに気づいている。

「まあ、こういうこともあるよな。」
気持ちを切り替えて最後の曲。「今日の日はさようなら」。
これもまた涙腺をゆるませてくれる歌だ。
「皆さんご一緒に。」と、観客も一緒に歌う。音痴が前や隣の人にばれないように、僕も小さな声で口ずさむ。
そして3番の「ま~た~、あ~う、ひまで~。」と歌い終えたその瞬間。余韻に浸ろうと思ったその瞬間。

「ふえっくしょ~ん!!」僕の真後ろに座っていた子供が、静寂を切り裂く大きなくしゃみ。


会場は感動一転、苦笑い。



でも、楽しかったです。やっぱり外国で日本の歌を聴くと心に染みるなあ。




家内がすぐ後ろを振り返ったら、その子供の顔には鼻水が盛大に飛び散っていたそうです。



スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

Toshi

Author:Toshi
旅行の仕事で世界をまわるうちに、海外に住みたいという思いを募らせ、2001年に家族とともにNZに移住。ワーホリサポートエージェント勤務を経て、2005年独立してオークランド留学センターを設立。
海外添乗、海外移住、海外起業、、、、若い頃には思ってもなかった人生を歩んでいます。
海外でのビジネスは、山あり、谷ありだけど、家族や友人に支えられてまだまだ頑張ります☆
今年も「開花」を目指してポジティブに頑張ります。



最近の記事



最近のコメント



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



FC2カウンター



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



Twitter



ブログ内検索



RSSフィード



Copyright © NZの話 Late for the sky All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。