06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィジョアの季節

2006
04/03
*Mon*
私の借りている家の庭には、立派なフィジョアの木があり、毎年今の時期になるとたくさんの実がなります。食べきれないのでジャムにもしています。熟すと勝手に枝から落ちて、それを拾うのが楽しみなのですが、何故か今年は例年以上に大量です。

フィジョアは日本では馴染みが薄いので、どうやって説明しようかとウェブを検索していたら、なんと6玉2,600円10玉4,200円で郵送販売しているフルーツショップのホームページを見つけました。(青い文字をクリック!) フィジョアは「足」が早いので輸出向きではなく、保存に手間がかかるのは容易に想像できますが、それにしても高い!ありすぎて拾うのが面倒くさく、庭に放ったらかしにしているフィジョアたちが金の卵に見えます。今朝、ざっと見渡しただけで100個以上のフィジョアが転がっていました。形がよくて販売できるのがその1/3としても約30個。ということはそれだけで12,000円くらいになるのか~!と思うと目がくらくらしてしまいます。シーズンを通すと一体いくらになるんだ??とフィジョアの事を書くつもりが、取らぬ狸の皮算用になってしまいました。


フィジョア2
 一般的な食べ方は、まず半分に切ります。

フィジョア3
中身はこんな感じで黄色と緑が美しい。
すっぱいかな?と唾が出そうな色です。

フィジョア4
それをスプーンですくって食べます。
(私はキーウィを買うとついて来るスプーンを使う。)

フィジョア
え~と、、ここにあるので6個か。
日本で食べようと思ったら2,600円。。。

スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

Toshi

Author:Toshi
旅行の仕事で世界をまわるうちに、海外に住みたいという思いを募らせ、2001年に家族とともにNZに移住。ワーホリサポートエージェント勤務を経て、2005年独立してオークランド留学センターを設立。
海外添乗、海外移住、海外起業、、、、若い頃には思ってもなかった人生を歩んでいます。
海外でのビジネスは、山あり、谷ありだけど、家族や友人に支えられてまだまだ頑張ります☆
今年も「開花」を目指してポジティブに頑張ります。



最近の記事



最近のコメント



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



FC2カウンター



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



Twitter



ブログ内検索



RSSフィード



Copyright © NZの話 Late for the sky All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。