08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本の値段お下げします。

2008
12/22
*Mon*
ニュージーランドでは本の値段が物価に比べると随分高いような気がするため、(ハードカバーが1冊30ドル前後もする。) 本屋は庶民が気軽に行く場所というより、ある程度の知識層のための領域、という感がある。

そのためか、書店の多くがカフェ(スターバックスやコロンバス)を併設し、「どうぞゆっくり心ゆくまでコーヒーと本をお楽しみ下さい。」と、立ち読み(座り読み)OK!飲みながらOK!ということになっている。日本でも最近はこういう書店が増えてきているようで、本好きにとってはとても有難いサービスだと思う。

かつて少年時代に、ドカベンや少年マガジンを立ち読みして、煙たがられていた僕にとってみれば、「いいのかなぁ、本が汚れるんじゃないのかなぁ。」といらぬ心配をしてしまうんだけど。


ところで、今日はこんな広告を見つけた。

「よその本屋で、当社よりも安い本がございましたら、その値段にあわせて値引きさせていただきます。」

これは、オーストラリアに本店があるDYMOCKS書店のオークランド店で見つけた広告。

ニュージーランドにもいくつか出展しているが、ARCが入居するビルの1階にもDYMOCKS書店があって、こんな割引サービスを展開している。書籍の値段が決まっている日本と違い、この国では販売者の都合で値段を決めることが出来るので、上記のようなサービスがまかり通ることになる。

その他にも、売れない書籍をワゴンセールスしたり、クリスマスなどのイベントにあわせて割引販売をしたりするので、商習慣の違う国の人間から見るとちょっとした驚きなのだ。

DYMOCKS

スポンサーサイト

COMMENT

Re: 本の値段お下げします。
「本カフェ」反対派です!

私は好きな本をコレクションすることに生きがいを感じているので立ち読み(これはまあOK)、すわり読みなんて!

なので、マンガ喫茶などもってのほか!

ただ、欲しい本が2000円超えすると・・・本屋でうなりますけど。

そして、泣く泣く寄贈した本がARCで大切にされていくことを寝願うばかりです(笑)
2008/12/22(月) 13:14:09 | URL | MIKI #- [Edit
Re: 本の値段お下げします。
Objection!!

海外に留学するのにスーツケースいっぱいのマンガ本を持っていくなんて、いくらコレクターといえども。。。。

MIKIちゃんの寄贈してくれた本でスタートした「嶋本文庫」も月日を経て、蔵書が増えてすごいことになっています。もちろんあなたのお気に入りの「○愛」という漫画もまだおいてますよ。^^
2008/12/23(火) 07:53:30 | URL | Toshi #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

Toshi

Author:Toshi
旅行の仕事で世界をまわるうちに、海外に住みたいという思いを募らせ、2001年に家族とともにNZに移住。ワーホリサポートエージェント勤務を経て、2005年独立してオークランド留学センターを設立。
海外添乗、海外移住、海外起業、、、、若い頃には思ってもなかった人生を歩んでいます。
海外でのビジネスは、山あり、谷ありだけど、家族や友人に支えられてまだまだ頑張ります☆
今年も「開花」を目指してポジティブに頑張ります。



最近の記事



最近のコメント



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



FC2カウンター



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



Twitter



ブログ内検索



RSSフィード



Copyright © NZの話 Late for the sky All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。