08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウェリントン探訪 その1 ケーブルカー

2008
12/01
*Mon*
ウェリントンを訪れるのは2回目なのだが、1度目はもう15年以上前の話で、それもオークランドから日帰りの視察添乗だったので、まったくと言っていいほど記憶に残っていない。空港からどこかにビルに行って、仕事の話をして、すぐにまた空港に戻ってオークランドへ。。

今回は、1泊2日であまりゆっくりとは言えないけど、それでもしっかり観光旅行をしてきました。

一言で言って、ウェリントンは「すごく格好のいい街」だった。

いい印象の残っているうちに、シリーズでウェリントンの見所をシリーズでお伝えします。


「ケーブルカー」

ウェリントンという街は、神戸や長崎に似て、平地が少なく、家々はすぐ後ろの山にへばりつくように建っている。人口が増加し始めた1800年代後半に、宅地造成でどんどんと山の上のほうに家が建てられるに従って、道路の拡張も行われるのだが、その一環でケーブルカーも1902年に建設されました。以来、平日は下の町から上の町へ移動する市民の足として、途中にあるヴィクトリア大学へ通学する学生の足として、そして週末は観光のメッカとして、ウェリントンを語るうえで無くてはならないアイコンとなっています。

ところが、その乗り場が何処にあるかがとても分かりづらい。

観光パンフもかなり大雑把に書いてあるので、よく注意しておかないと見つけにくい。
Lampton Quayという賑やかな通りに乗り場があります。目印はこれ。
Cablecar1

今年の5月に香港でケーブルカーに乗ったのだが、上っていく途中に家や駐車場がある風景というのは、ウェリントンでも同じで、とても不思議なものでした。
Cablecar2

週末ということで、観光客でにぎわってました。
Cablecar3

ものの5分もすると頂上に着く。 
Cablecar4

そして、絵葉書でよく見るこの景色!!
Cablecar5

視力がよくなったのかと疑うほど、視界良好の晴天だったので、すごく好印象でした。

山頂には植物園もあって、地元の家族連れが散歩を楽しんでいました。

これは Must ride ですね。
スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

Toshi

Author:Toshi
旅行の仕事で世界をまわるうちに、海外に住みたいという思いを募らせ、2001年に家族とともにNZに移住。ワーホリサポートエージェント勤務を経て、2005年独立してオークランド留学センターを設立。
海外添乗、海外移住、海外起業、、、、若い頃には思ってもなかった人生を歩んでいます。
海外でのビジネスは、山あり、谷ありだけど、家族や友人に支えられてまだまだ頑張ります☆
今年も「開花」を目指してポジティブに頑張ります。



最近の記事



最近のコメント



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



FC2カウンター



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



Twitter



ブログ内検索



RSSフィード



Copyright © NZの話 Late for the sky All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。