06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時代

2008
10/09
*Thu*
Category:留学
アメリカ経済恐慌の影響は、ここニュージーランドにも及んでいます。
対USドルが0.65となり、ほぼ日本円と同じ。

日本円も、ジェットコースターのごとく、毎日3~5円もぐぐっと下がっています。
2007年には100円を超えたニュージーランドドルが、今は60円。
過去10年のフローチャート(下)を見れば、この先1,2年いや4、5年は下がり続けることが予測されます。

NZ$


日本ワーキングホリデー協会がまとめたワーホリビザ発給数を見ると、2002年、2003年の年間4,000人を境に、以後減り続け、2007年は2400人となっている。ワーホリの渡航者数がピークに達した頃というのは、ニュージーランドドル安と、好景気に支えられていたが、その後の円安、そして日本の不況に伴い、ニュージーランド留学の人気は下火に。

しかし、このドル安は留学を計画している人にとっては勿論のこと、これから海外留学を考える人にとっても、追い風になることは間違いないだろう。日本経済は今後しばらくは、後退局面に入ることになり、ますます仕事が厳しい日々がやってくるでしょう。留学の意思があり、これまでしっかり貯金してきた人は、このタイミングでさっさと会社を辞めて、ニュージーランドに留学するべきだと思う。もともと、安全で環境の良いことで知られるこの国は、しっかりとした教育省指導のもと、外国からの学生に対しても、クオリティが高く、将来の糧となる高水準の教育が提供されています。


閉塞感からの脱出、希望あふれる海外就職、海外移住。人生の転換期。


さあ、チャンスの時が廻ってきましたヨ!




ニュージーランド留学のご相談は、【オークランド留学センター】までお気軽に!




スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

Toshi

Author:Toshi
旅行の仕事で世界をまわるうちに、海外に住みたいという思いを募らせ、2001年に家族とともにNZに移住。ワーホリサポートエージェント勤務を経て、2005年独立してオークランド留学センターを設立。
海外添乗、海外移住、海外起業、、、、若い頃には思ってもなかった人生を歩んでいます。
海外でのビジネスは、山あり、谷ありだけど、家族や友人に支えられてまだまだ頑張ります☆
今年も「開花」を目指してポジティブに頑張ります。



最近の記事



最近のコメント



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



FC2カウンター



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



Twitter



ブログ内検索



RSSフィード



Copyright © NZの話 Late for the sky All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。