06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.8 Wire

2008
08/20
*Wed*
Category:ARC関係
ちょっと仕事のことを。。

8月も半ばを過ぎて、夏休みを利用したお客様もそろそろ帰国する時期になりました。
例年なら8月後半は、野球で言えばストーブリーグ、タイ焼きで言えばあんこの少ない尻尾の部分という感じなのだが、今週末にまだグループが到着するので、お陰さまで例年になく忙しい8月を過ごさせていただいています。

それでも、頭の中はすでに次年度のことを考える季節になり、各種学校から2009年の料金表を取り寄せ、そしてオークランド留学センターとして販売する商品の改定、新規開発をする時期になっています。

新規開発ったって、開発グループがあるわけではないので、あちこちから仕入れた情報を、己のちっぽけな脳の中でシャッフルして、あれとこれをくっつけて、そいでもって、あそことここをリンクして、あーしてこうすれば、自分がお客さんだったら、これはどうかな、ということをブレーンストーミングして、スタッフに相談して、またシャッフルして、文字にしてみて、パソコンで打ってみて、、という作業をしているわけです。メーカーと違ってモノをさばく必要がないので、楽と言えば楽ですが、自分の会社の都合でモノを考えてしまいがちなので、翻訳担当の長谷川さんに「いつもお客さんの立場に立つこと!」とチクリとやられて、反省をしています。

やはり、「お客さんにとって都合のいい、使い勝手の良い」サービスを提供できる会社にならないといけませんね。

ニュージーランドのスラングにNo.8 wireというのがあります。

針金の一種で、なんにでも使えるサイズの針金として重宝されているようです。もともとはFarmerがフェンスを作るのに用いたようで、今でも常備している家庭が結構多いそうです。No.8 wire の万能性のため、よく'He has got (or uses) No.8 wire mentality.' という言い回しをします。「彼は何でも身近にあるものを使って間に合わせる能力がある(あるいは、何でも身近にあるものを使ったら何とかなるさ、という柔軟な発想をする)」という意味になります。一応褒め言葉です。きっと、ある物で間に合わせていかなければならなかった時代にできた言葉じゃないでしょうか。(以上、友人のSさんから教えてもらった語源。)


オークランド留学センターも、「ニュージーランド留学はARCに頼れば、なんとでもなるよね~。」というNo.8 Wire的存在にならねば!


窓拭き

道を歩いていたら水が落ちて来たので、見上げると3人の窓拭き職人がビルに張り付いてました。
落ちないように、気をつけてね~。


今日のBGM
Holly Cole Trio
「I can see clearly now.」

イエスタデイ&トゥデイイエスタデイ&トゥデイ
(1994/06/22)
ホリー・コール・トリオホリー・コール

商品詳細を見る
スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

Toshi

Author:Toshi
旅行の仕事で世界をまわるうちに、海外に住みたいという思いを募らせ、2001年に家族とともにNZに移住。ワーホリサポートエージェント勤務を経て、2005年独立してオークランド留学センターを設立。
海外添乗、海外移住、海外起業、、、、若い頃には思ってもなかった人生を歩んでいます。
海外でのビジネスは、山あり、谷ありだけど、家族や友人に支えられてまだまだ頑張ります☆
今年も「開花」を目指してポジティブに頑張ります。



最近の記事



最近のコメント



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



FC2カウンター



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



Twitter



ブログ内検索



RSSフィード



Copyright © NZの話 Late for the sky All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。