06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイナスピーク

2006
02/28
*Tue*
オークランドの中心街、クイーンストリート沿いのビルには語学学校がたくさん入居しています。
ビルの1~3フロアを借りていたり、ビル1軒丸ごと学校だったりと、学校によってサイズも特徴も異なります。

今回紹介するダイナスピークイングリッシュもクイーンストリート沿いのビルに入居する学校ですが、(3校も同じビルに入っている)リスニング、スピーキング能力を短期で高める特徴のある授業を行うことでも有名で、「あの国でこれがやりたい。」最新号で留学生と留学カウンセラーが選ぶ人気ベスト10のニュージーランド語学学校2位にも選ばれた素晴らしい学校です。

ダイナスピーク


特筆したいのは、この学校のパトリック校長先生です。以前から自分の主張したい事柄は、時間が経つのも忘れて一心不乱にお話になる方だという印象を持っています。とにかく、こちらが合いの手を打つ間もなく、お話になられます。 先日話題になったのが「政府の教育業界に対する怠慢」です。ツーリズムマーケットにはとかくお金をかけて宣伝をし、外国からのお客様を誘致しようと一生懸命ですが、なぜか教育マーケットにおいては、そのあたりの努力が足りない。という主張です。

パトリックさんは頻繁にウェリントンにある教育省などの政府機関にも出向き、留学生を含めた教育産業がもっと活性化するよう、政府資金を導入したり、ビザのシステムを簡素化できないか、ということを嘆願されているそうです。自分の学校だけ良ければそれでいい、という考えではなく、業界全体が活性化しないといけないと常日頃から言われていますが、私もその意見には多いに賛同できます。

ニュージーランドドル高や対外政策のまずさも手伝って、留学生の数が年々減少の傾向にありますので、今年は教育マーケットにとって、生き残りをかけた試練の年になることでしょう。

パトリック校長
早口でまくしたてるパトリック校長こそが、ダイナスピークの人気授業「メインストリーム」そのものかも知れませんね。

身に付く英語を体験したい方はダイナスピークおすすめです。


スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

Toshi

Author:Toshi
旅行の仕事で世界をまわるうちに、海外に住みたいという思いを募らせ、2001年に家族とともにNZに移住。ワーホリサポートエージェント勤務を経て、2005年独立してオークランド留学センターを設立。
海外添乗、海外移住、海外起業、、、、若い頃には思ってもなかった人生を歩んでいます。
海外でのビジネスは、山あり、谷ありだけど、家族や友人に支えられてまだまだ頑張ります☆
今年も「開花」を目指してポジティブに頑張ります。



最近の記事



最近のコメント



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



FC2カウンター



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



Twitter



ブログ内検索



RSSフィード



Copyright © NZの話 Late for the sky All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。