09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラウンイングリッシュ 

2006
02/24
*Fri*
フィスを街の中心に移したお陰で、今まで以上に英語学校に訪問する回数が増えてきました。
せっかくですので、学校で聞いたこと、感じたことなどを「ネガティブ」なことは排除して「ポジティブ」にお伝えしていきたいと思います。

今日は、クラウンイングリッシュを訪問して来ました。この学校は歴史もあり、宣伝力も強く、たくさんの留学エージェントも推奨しているのでNZに勉強しに来ようという方は雑誌やパンフレットなどで一度は目にするくらい有名な学校です。もちろんオークランド留学センターのホームページでも案内をさせていただいています。私も前職を通じて6年のお付き合いであり、しかも卒業生でもあります。渡航した当時、英語力を補うためにしばらくお世話になっていました。

多彩なコース、質の高い教師陣、立派な設備、などどれを取っても語学学校のリーダー格だと言えるでしょう。しかし、それに加えて、アラン校長、日本人カウンセラーの京子さんと話をしていて驚かされるのが、記憶力のすごさです。大きな学校なので生徒の数もたくさんいますが、それらの生徒さんがどんな勉強をしていて、今はどのレベルで、あとどのくらい勉強するのか、ということがすらすら出てきます。もちろん2,3週間しかいない短期の生徒さんの場合はそうも行きませんが、目標を持って長く勉強されてる生徒さんのことは、現場にはあまり携わらないであろう校長先生でもよく覚えてらっしゃいます。こういう事も生徒が「安心して学べる環境」といえるんでしょうね。

2月ということもあって、日本人の学生の数は少し減っているようですが、その間を縫って、生徒のくつろげるリビングフロアを改装したり、DVDが見れるパソコンを導入したりと、施設面の充実も図られていました。ハード面、ソフト面ともに業界のリーディングスクールだと再認識しました。


Crown
 この写真を見てアラン校長の一言 「俺はクジラみたいだな。がははは~」
  いつも明るい、元気な方です。
左はいつも生徒のケアをしている京子さん。とても素敵な方です。

スポンサーサイト


プロフィール

Toshi

Author:Toshi
旅行の仕事で世界をまわるうちに、海外に住みたいという思いを募らせ、2001年に家族とともにNZに移住。ワーホリサポートエージェント勤務を経て、2005年独立してオークランド留学センターを設立。
海外添乗、海外移住、海外起業、、、、若い頃には思ってもなかった人生を歩んでいます。
海外でのビジネスは、山あり、谷ありだけど、家族や友人に支えられてまだまだ頑張ります☆
今年も「開花」を目指してポジティブに頑張ります。



最近の記事



最近のコメント



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



FC2カウンター



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



Twitter



ブログ内検索



RSSフィード



Copyright © NZの話 Late for the sky All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。