06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主義

2008
02/20
*Wed*
日本でのサラリーマンを辞めて何年も経つのに、今でもその頃の自分に戻って、お客様の前で冷や汗をかいている夢を見る。今朝もそんな夢を見て目が覚めた。

高校をターゲットにした教育旅行の支店に勤めていたので、お客様は全部学校で、話す相手は先生ばかり。 教師、医者、政治家・・・「先生と呼ばれる人にろくな人はいない。」とよく言うけれど、幸いにして僕の担当は私立の高校だったので、つまり成果主義が基本の世界だったので、サラリーマンの意識に近い人が多く、それほど無茶なお願いをされたり、変なクレームをつけられたりということはなかった。それに同期300人の中で1,2番目と思うくらい早く出世させてもらっていたし、支店内会議で発表する営業利益数字も胸をはれるもので、営業マンとしては順調に生きていたと思う。

それでも夢の中では、生徒が集っているのにバスが来なかったり、先生の家族旅行のために予約したホテルの対応が悪くて、後から嫌味を言われてたり、先輩社員から取れていないターゲットはいつ取れるのだ?と問い詰められたり、、、「ああこれが夢ならいいのに。」とか思いながら、お客さんの前で、社員スタッフの前で、いつも冷や汗をかいている。そして目が覚めて夢だと分かったときの安堵感。

逃げ出したい!と思ってクレームなどの嫌なことから目をそむけていた頃、「あえて火中の栗を拾いに行く。」ということがどういうことなのかを教えて下さったお客様、セールスとは商品ではなく、結局のところ自分を売ることなのだと背中で教えてくれた上司、誠実に仕事をすることでどんどん顧客を増やしていけることを見せてくれた後輩セールスマン。

20代から30代にかけてのサラリーマン生活が僕の仕事におけるスタンスの基礎を作っているのは間違いなく、当時のお客さんや上司によって今の自分を作っていただけたのだと思っている。




というのは、格好つけた前フリで、




本当は、昨日読んだ「藤原主義」という本がおもしろかったということが書きたかっただけなのです。藤原紀香という人は最近、自分より身長も収入も低いお笑い芸人と結婚して、さらに株があがっているということを人から聞きました。僕より3つ年下で関西人。実家は僕が通っていた大学の近所。なんで出会うチャンスがなかったのかと残念ですが(嘘)、売れない頃には随分苦労をしたようだし、売れたあとも努力してるようです。いろんな経験の中から自分の「主義」というものを書き出していることに感心しました。おもしろかったですよ。

藤原主義―強く、美しい人になる61のヒント藤原主義―強く、美しい人になる61のヒント
(2001/08)
藤原 紀香

商品詳細を見る

スポンサーサイト

COMMENT

ずいぶん長い前フリですね笑
藤原紀香、きれいな割りに芯がしっかりしてるんですね。図書館で検索して読んでみますよ。
それにしても出世頭ってすごいな。
2008/02/21(木) 01:22:19 | URL | keita #- [Edit
きれいな割りに、って・・・ 
きれいな上に、って言って下さい。
2008/02/21(木) 17:58:06 | URL | Toshi #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

Toshi

Author:Toshi
旅行の仕事で世界をまわるうちに、海外に住みたいという思いを募らせ、2001年に家族とともにNZに移住。ワーホリサポートエージェント勤務を経て、2005年独立してオークランド留学センターを設立。
海外添乗、海外移住、海外起業、、、、若い頃には思ってもなかった人生を歩んでいます。
海外でのビジネスは、山あり、谷ありだけど、家族や友人に支えられてまだまだ頑張ります☆
今年も「開花」を目指してポジティブに頑張ります。



最近の記事



最近のコメント



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



FC2カウンター



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



Twitter



ブログ内検索



RSSフィード



Copyright © NZの話 Late for the sky All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。