10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステイ先へのお土産

2006
01/30
*Mon*
Category:留学
ホストファミリーへのお土産は何がいいか。今までに何回も聞かれた質問です。礼儀を重んじる日本人としては、お世話になるファミリーに気持ちの品を用意しようというのは当然でもあり、また場合によっては義務的に感じることでもあるでしょう。

人形や扇子、風鈴、だるま落とし、紙風船など日本っぽさを出す品は日本人の受け入れ経験の全くないファミリーにとっては新鮮な驚きでしょうが、ホスト経験のあるほとんどの家庭が日本人を受けたことがあり、せっかく持参したそれらの品も「また、同じものか。」という扱いになり物置のダンボール箱に入れられるのが落ちでしょう。

海外経験の豊富な方はお菓子のように、とりあえずはみんなに賞味してもらえるものを持参されるようです。


しかし、私の究極の答えは「必要ない。」だと思っています。

なぜか。

1.ホームステイ先にもステイ代を支払っているので、ステイする生徒とホストの関係はイーブンである。
2.身も知らぬ人に贈りものをする習慣はない国なので、お土産がなくてもホストはまったく気にしない。

以上2つが大きな理由です。

そして私がいつも皆さんにアドバイスすることが、「ホームステイを出るときこそ、贈りものをして欲しい。」ということです。
カードに一言お礼の言葉を添えて「ありがとうございました。」と笑顔でホームステイを終了することこそが、ホストにとって一番の御礼の品であり、滞在した方のかけがえのない思い出になることではないかと思っています。




スポンサーサイト

COMMENT

同感です。
ご無沙汰しています。お引越しの方、大変のようですね?

常識外れの私ですので、お土産らしいものは持参したことはなかったですが、一度だけ「5円玉のキーホルダー」や「カエルのキーホルダー」みたいなものをもっていって、「ご縁がカエル」について説明した覚えがあります・・・・・どこまで喜んでもらったことやら。無駄な心遣いだったようでした。

心のこもったハガキが、一番。彼らにとって、次くる生徒への「いい宣伝」にもなりますしねぇ・・・(笑)

引越し頑張ってください。
2006/02/01(水) 12:22:26 | URL | NZ Wanderers #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

Toshi

Author:Toshi
旅行の仕事で世界をまわるうちに、海外に住みたいという思いを募らせ、2001年に家族とともにNZに移住。ワーホリサポートエージェント勤務を経て、2005年独立してオークランド留学センターを設立。
海外添乗、海外移住、海外起業、、、、若い頃には思ってもなかった人生を歩んでいます。
海外でのビジネスは、山あり、谷ありだけど、家族や友人に支えられてまだまだ頑張ります☆
今年も「開花」を目指してポジティブに頑張ります。



最近の記事



最近のコメント



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



FC2カウンター



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



Twitter



ブログ内検索



RSSフィード



Copyright © NZの話 Late for the sky All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。