06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Auckland Museum

2007
07/02
*Mon*
オークランド博物館の特別展 「Egypt : Beyond the Tomb」に行ってきました。
(Tombというのは墓、墓穴のことで発音はtu:m。)

随分前に旅行でエジプトに行ってたくさんの遺跡や博物館を見たことがあるので、比較にならないと分かっていても、正直言って展示はしょぼかった。これが東京の博物館なら、もっとたくさんの展示物を貸し出して貰えて、見所もたっぷりあるのだろうが、悲しいかなここはニュージーランド。
博物館の特別展示スペースもダッシュなら20秒くらいで駆け抜けることが出来るくらいのスペースしかないし、展示物の数が少なく、書かれた説明書をじーっと熟読しても、全部見るのに30分くらいしかかからない。しかも!大人$12という高額入場料。(博物館の入場料は$5)

Egypt1


しかし、そんな展示物の中からも興味あるネタがあったので紹介しましょう。

ずばり、「ミイラの作り方」

当時のエジプトには、ミイラ作り職人がいたので立派な「プロのお仕事」なわけで、いいミイラを作りたければ、腕のいい職人に仕事を依頼する世界だったそうです。

ミイラを作るには、まずは死体から内臓を全部取り出します。
わき腹あたりを裂いて、そこから心臓やら胃やらを取り出し、
空洞になったところに砂袋を入れる。
脳みそも取り出すので頭蓋骨の一部を割って取り出す方法と、
鼻の穴から器具を突っ込んで取り出す方法があったそうな。
(想像するとゾクゾクしますねえ。)

そうやって空っぽになった遺体に今度は包帯をまきつけます。
ラッピングの順番っていうのがあるんですね。↓
Egypt2

こちらが完成品。
Egypt3

それを棺に入れるわけですが、実はまだこれはインナー。
Egypt4

さらにこの中に入れて完成となるわけです。
Outer


知りませんでした。こんなふうに出来てるって。


このエジプト展はちょっと厳しい評価ですが、オークランド博物館自体は非常に素晴らしい博物館ですので、オークランドを訪問される方は是非足を運んで欲しい場所です。マオリ文化やニュージーランドの自然史を学ぶことが出来ますよ。
Auckland Museum

スポンサーサイト

COMMENT

おお~,これまた懐かしいオークランド博物館!
オークランド到着の次の日に行きました.

もうすぐまたNZにいけるかと思うとわくわくです.
2007/07/02(月) 22:13:48 | URL | のぞみ #- [Edit
実は。。。 まだ行ったことがありません(>_<)
行こう、行こう!!・行って見たい!!とは思うのですが・・・・・・・。
2007/07/03(火) 20:45:09 | URL | yasu #r6v54klM [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

Toshi

Author:Toshi
旅行の仕事で世界をまわるうちに、海外に住みたいという思いを募らせ、2001年に家族とともにNZに移住。ワーホリサポートエージェント勤務を経て、2005年独立してオークランド留学センターを設立。
海外添乗、海外移住、海外起業、、、、若い頃には思ってもなかった人生を歩んでいます。
海外でのビジネスは、山あり、谷ありだけど、家族や友人に支えられてまだまだ頑張ります☆
今年も「開花」を目指してポジティブに頑張ります。



最近の記事



最近のコメント



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



FC2カウンター



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



Twitter



ブログ内検索



RSSフィード



Copyright © NZの話 Late for the sky All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。