04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PYO

2007
01/21
*Sun*
いちご1


ニュージーランドの夏の風物詩の1つ、イチゴ狩りに行ってきました。
場所はウェストオークランド。
イチゴ畑に近づくにつれ、甘美な匂いが漂いはじめます。
逃げるわけではないのに、「早く行かないと!」っと、早足になりそう
なのをぐっとこらえる。

いちご5

持ち帰る箱がなければ、売店で販売していますが、ここに来る人は心得た
もので、アイスクリームの空箱や、たっぱを持参してる人がほとんど。
P.Y.OPick Your Own のこと。

いちご2

持ち帰り分を1キロあたり6ドルで買い取る以外は、畑の中でどれだけ
つまみ食いをしても、一切お咎めなし。お弁当を持参し、ピクニック感覚で
来ているファミリーも何組か見かけました。

いちご6

見えるところにあるイチゴよりも、草を掻き分けて見つけたイチゴの方が、
真っ赤に熟して甘い!と発見。 
「自分だけの新発見」と密かに喜んでいましたが、周りを見ると、ちゃーんと
草を掻き分けてる人を見つけて、がっかり。

いちご4

帰宅途中に立ち寄ったスーパーで、イチゴの値段をチェックしました。
250グラムのタッパが2ドル60セント。
ということは、4倍して、1キロで10ドル40セント。
P.Y.O は食べ放題つきで、1キロ6ドル。 と思うと
楽しい上に得をした気分。 


普段からお世話になっている、ホームステイファミリーのRonaさんに
ピッキングに行った話しをしたところ、
「子供の頃は、家が農家だったので、夏休みになるとストロベリーピッキングをさせられたわ。今と違って、子供でも働かないとお金がもらえなかったから、夏になればイチゴ狩り。 毎日朝から夕方まで、炎天下でピッキングするのよ。本当に辛かった。あの頃の思い出があるから、イチゴは今でもあまり好きじゃない。」
っておっしゃってました。

スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

Toshi

Author:Toshi
旅行の仕事で世界をまわるうちに、海外に住みたいという思いを募らせ、2001年に家族とともにNZに移住。ワーホリサポートエージェント勤務を経て、2005年独立してオークランド留学センターを設立。
海外添乗、海外移住、海外起業、、、、若い頃には思ってもなかった人生を歩んでいます。
海外でのビジネスは、山あり、谷ありだけど、家族や友人に支えられてまだまだ頑張ります☆
今年も「開花」を目指してポジティブに頑張ります。



最近の記事



最近のコメント



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



FC2カウンター



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



Twitter



ブログ内検索



RSSフィード



Copyright © NZの話 Late for the sky All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。