12
2
3
4
5
7
8
10
11
12
14
16
18
19
21
22
23
25
26
27
28
29
<< >>

This Archive : 2010年12月

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝、ご出産(卵)

2010
12/31
*Fri*
一夜明けて、卵を産んでいるかと小屋の中を見てみたが、その気配はない。

まだ場所に慣れてないのかな。


うちの鶏小屋というのは、このように大木を取り囲んだ鳥小屋を利用したもの。

腐葉土が地面いっぱいあるので、鶏たちもきっと気にいるはずだ。

にわとり1


作業をするため、ちょっと外に出て下さい。

(このあと、キャンディーズは庭のあちこちを探検し、土があると掘り返して虫を探していました。)
にわとり2


「常にきれいな水をあげること。」と、昨日教えてもらったが、用意した容器では鶏たちが掘り返した土に埋もれてしまって、意味をなさない。 そこで、レンガを積み上げて高さを調整。えさ箱も横にくっつけた。
にわとり5

そして、とりあえず身近にあったものでカバーして、なるべくゴミが入らないようにした。
にわとり6


にわとりも鳥の一種。止まり木に止まる習性があるとのことで、いくつかあった棒を適当にさしてみる。
にわとり7

登るんかな?
にわとり8


そして、卵用の巣箱。
Noshというスーパーで貰った木箱に干し草を入れてみる。

にわとり3


ゴルフボールを入れておくと、卵と間違える。つまり、そこが産卵場所と認識するそうです。
にわとり4



と、ここまで準備して一段落。


お茶でも飲んで、のんびりしようっと。。



しばらくして、



「卵!卵産んでる!!」という娘の興奮した声。



見に行くと、スーちゃんのおしりの後ろに卵が!!! やった~!

にわとり9



手に取ってみると産みたてほやほやの暖かさ。サイズだってなかなかのものだ!

にわとり10



さあ、割ってみよう。




おおっ、なんという輝き!

にわとり11


白身もぷっくり膨らんでいる! 


まさに、「産みたて」ほやほやの卵を、この後「卵がけご飯」として頂きました。


その口当たりの、なんとリッチなことか!


とっても美味しかった! 



卵を産む鶏たちは、人生の後半になってくると、鶏肉として処分されてしまうのが運命だそうです。

このおうちにやってきたので、君達はお肉になることはないから、寿命が来るまで安心して過ごして、そして美味しい卵を産んでね。



========================================



さあ、今日で2010年も終了です。


今年も充実した一年が過ごせました。これはやっぱり、支えてくれている家族や友人や、仕事関係の方々など、周りの方のお陰です。来年も感謝の気持ちを忘れず、頑張っていこうと思います。

来年はウサギ年。

みんなで、ぴょ~んと、飛躍しましょう!


うさぎ年
へ?


スポンサーサイト

にわとりキャンディーズ

2010
12/30
*Thu*
かねてから飼ってみたいと思っていたニワトリを飼うことにした。


目的はもちろん、新鮮な卵!


鶏を飼うのに有効なウェブサイトはもちろんTrade Me.

調べてみると、生後16ヶ月~19ヶ月くらいのBrown Shaverという種類が、10ドル前後で売られている。もっと若い鶏が、養鶏ファームではいい卵を産む、バリバリの主力選手だそうで、売りに出されているのは、力の衰えが見え始めたベテラン選手。とは言っても、鶏の寿命は4,5年で、この先も2年は卵を産み続けるので、まだまだ十分な戦力となる。なんといっても1年に300個もの卵を産むのだから、一般家庭にとっては、野球に例えると、ダルビッシュ級のエースと呼んで差し支えがないだろう。


いくつかのファームの中でも格別に安く売りに出しているPakurangaのファームに連絡を取ってみる。5羽25ドルとのことだが、スペース的に、我が家で飼えるのは3羽ほど。3羽でもかまわないというので、早速行ってみた。

鶏2
鶏4
鶏5
鶏6


広々とした敷地で、鶏たちがのんびり過ごしている。

こんなふうに育てるのを「Free Range」といい、卵の質も当然良くなる。

オーナーさんが、網を使って3羽を捕まえ、持っていった箱に厳重に入れてくれた。値段は3羽で15ドル。取れたて卵やえさも一緒におまけしてくれた。

鶏1


さあ、家に到着。

我が家の鶏小屋は気に行ってもらえるだろうか。

鶏7


「ここはどこ?」と目を丸くさせる鶏たちは、喉の奥から絞るような、くー、という鳴き声を時々出しながら、小屋の中の様子を見ている。

鶏8


3羽なので、もちろんグループ名はキャンディーズ。

手前がランちゃん、左がスーちゃん、右がミキちゃん。
鶏9


見ていると、地面を一生懸命掘って、虫を探しては食べている。



飼い主としては、卵を産んでくれる環境を整えないといけない。えさや水のみ場、産卵スペースなど、やらなくちゃいけないことは山積み。そういったことはまた明日。



鶏11


おやすみ~!




13歳

2010
12/24
*Fri*
今日は12月24日。クリスマスイブだ。

日本のことを想像してみよう。

山下達郎とWham!の曲が一日中かかって、街のあちらこちらでイルミネーションが飾られ、おしゃれしたカップルたちが夜の街を埋め、店頭ではクリスマスプレゼントやケーキの最後の販売に大忙しで、テレビをつけると恋愛ドラマやクリスマスライブショー。 

で、26日になると、クリスマスイルミネーションは全部片付けられて、今度は門松が現れて、世の中はいっせいにお正月の雰囲気に早代わり。

日本に住んでいたのが、もう10年も前のことなので、10年前の記憶を蘇らせると、だいたいこんな感じかな。
多分、今もあまり変わらないと思うんだけど、どうでしょうか?

若者たちにとって、イブの夜は、演出の腕の見せ所だから、張り切ってる人も多いだろうね。


僕の笑える思い出は24歳の時と25歳の時のイブ。

その頃は、横浜の社員寮に住んでいて、仕事は毎日毎日海外添乗。今日が何曜日で、何の日か、という感覚も当然狂ってくる。23日の夜遅く日本に帰国し、24日は昼頃まで眠っていた。洗濯をして掃除をして、添乗レポートを書いて、夕方に。やることもなくなったので、映画でも見ようと関内へ。見たかった「Body Guard」はすでに、上演10分を過ぎていたけど、次の回を待つとすごく遅くなるので、途中からでも見ることに。かろうじて一番前に空席を見つけて、ケビン・コスナーの格好よさを堪能した。「あ~、おもろかった。」と、映画が終わって席を立って後ろを振り返ると、なんとお客さんは全員カップル!その時初めて今日がイブだと気づいた。それが24歳の時。次の年は、24日に日本に到着し、寮に到着したのが夜の10時過ぎ。カーテンを開けると、向こうの丘の上に立つ磯子プリンスホテルの窓一面に、大きなクリスマスツリーのイルミネーション。「綺麗だなあ。」と思ったその瞬間、「あっ、今日はクリスマスイブ!」と気づいた。彼女もいなくて寂しいとかは思わず、2年続けてクリスマスの存在をほぼ意識していなかった自分に笑ったものでした。

ニュージーランドでは、クリスマスイブよりもクリスマスの当日が一大イベントで、これは日本で言う正月と盆とが全部一緒にやってくるような感じです。クリスマスに向けての商戦は日本よりも激しいのではないかと思うくらい、12月はどこの商店でもセールスを展開し、人々は家族や友人に渡すプレゼントの購入に忙しい。25日には、家族、親戚一同が集まりチキンを食べ、伝統的なクリスマスプディングという、ずっしり重量のあるケーキを食べ、プレゼントを交換して過ごします。25日は何処のお店も閉まっているのが基本で、この日にどこかに出かけようという人もあまりいないようです。明けて26日はBoxing Dayという祝日で、元々は、教会が貧しい人たちのために寄付を募ったクリスマスプレゼントの箱(box)を開ける日であったことから"Boxing Day"と言うそうです。この日は、ニュージーランド中のお店が、年内最後の売り尽くしとばかりに、Boxing Day Salesをするので、ショッピングモールは超大賑わいです。


話しはそれて、12月24日はうちの娘の誕生日。

今日で13歳になりました。

英語で言うと、Thirteen。とうとうTeenagerの仲間入りを果たしたということになります。

子供は何も変わらないのに、ティーンエージャーになったという事実だけで、お父さんとしては何だか複雑な心境になってしまいます。中学校にあたるIntermediateという学校を12月に卒業したので、来年からはSecondary School、早くも高校生になってしまいます。背も伸びて、もうすぐ家内を追い越しそうです。どんどん成長していく姿に、ただ驚くばかり。

村上龍が書いた「13歳のハローワーク」という有名な本がありますが、ウェブにもなっていて、自分がなりたい職業を調べることが出来ます。小さな頃は、「お花屋さんになりたい。」「プロ野球選手になりたい。」と、将来の夢を簡単に口にすることが出来ますが、成長とともに、自分の将来というのは、考えたくないなあ、と思う人も多くなっていくのではないでしょうか。このサイトを見ていて、自分の娘がどんな道に進むのかなあ、と考えると同時に、どんな道に進んでも、金銭面でサポートが出来るようにしとかなあかんなあ。と改めて思ったりしました。

このサイトの中に、「思い出から見るタイプ診断」では、小学校の頃の自分から、職業タイプを割り出してくれます。やってみたところ、今の自分のやってることがそのまま出てきました。そういえば、僕が小学校の頃に言ったのは、「世界中を自転車で廻る。」「外国に住む」「社長になる。」でした。

ちょっとやってみません?

http://minna.13hw.com/work_con/g.html




親近感

2010
12/20
*Mon*
先週はずっと雨だった。それまで長い間、快晴の日が続いていたので、雨が降った時には、「これで庭に水撒きをしなくて助かった。恵の雨だ。」と、喜んでいたけれど、1週間まるまる、そして今日も明日も雨だと、「せっかくの夏なのに、、」と、雨雲を見つめてがっかりしてしまう。


だいたい12月末までは、天気の安定しないオークランドだけど、これだけ見事に毎日雨が降り続けるのも珍しい。ポフツカワの真っ赤な花も色あせて見える。


こんな時は、ハワイに行くに限る!


青い空に、青い海。


かめはめは


カメハメハ大王も、「おいでカモン」 と呼んでるぜ。


爽やかな夜風に揺れる、椰子の木の下でブルーハワイ。


ブルーハワイ



フラダンスも、久しぶりに見てみたい。

フラダンス



ブルーラグーンには、ハイビスカスが似合う。

ハイビスカス




と、




今年も日通さんからいただいたカレンダーを見て、ハワイに行ってる自分を妄想してしまう12月です。

カレンダー2011
ワイキキビーチってこんなに広いねんなあ。




先週末、Moon Bootsを引きずっておっちらおっちら交差点を渡っていたら、

目の前にあったスターバックスの中から手を振る中学生くらいの白人の女の子が。

「? 誰だっけ?」と、思った瞬間、その子は自分の足元を指差し、口をへの字に。

その子の右足には、しっかりとギプスが巻かれ、横には2本の松葉杖が。

「おお!」と思わず顔がほころび、僕も手を振り返しました。


骨を折ってる人間は、同じ境遇の人の人に会うと、激しく親近感を覚えてしまいます。




病院のアポまで、あと24日。



受け身ではダメです。

2010
12/17
*Fri*
今年の営業も残すところ、あと1週間。

誰もが思うことでしょうが、本当に1年間あっという間だった。

こんなにあっという間に月日が過ぎていくということは、人生もあっという間に過ぎていくんだろうなあ。

10代の頃には、遠い先のことだった2000年という年号さえ、もう10年前だから、例えば、2020年とか、2030年なんていう年号も、すぐにやって来るんですよ。間違いなく。

仕事の刺激を与えて下さる池田さんは、「以前もそうですし、これからの時代も、受け身ではダメです。」と、常にポジティブに進化し、前進していく必要性を教えて下さいました。

“コンフォートゾーンにとどまらず、勇気を持って新しいことにチャレンジしていかねば!”と、素直にうなずきながら、東の空を見上げ、「よし、来年もやるぞ~!」と覚悟を決める、そんな今日この頃です。






今年も、ARCのクリスマスパーティーは、オフィスで開催。

Xmas2010

恒例の書初めで、新年の抱負を皆さんに書いていただきました。ニュージーランド留学が有意義で充実したものになるよう、少しでも皆さんの役に立てるように、しっかりやらんといかん!と、改めて背筋を伸ばしました。


骨を折ったこともあって、僕の抱負は、「粉骨砕身」です。

病院のアポは1月13日。その時までに、骨はくっついているのか!? 頑張れ、俺の骨!


2010年 オークランド留学センター利用者全国分布図 

2010
12/15
*Wed*
Category:ARC関係
オークランド留学センターを利用して下さる方々は、どこからやって来られるのか? 


昨年の12月にも実施した、オークランド留学センターを利用してくださったお客様の、地域調査をまた今年も実施してみました。



今年は、5歳から70代の方まで、191名のお客様が、留学や旅行など、様々な目的で、オークランド留学センターを利用してニュージーランドにお越し下さいました。




では、結果の発表です。 


ジャーン!



がお越しいただいた地域、オレンジがどなたもお越しでない地域!



地図201002



* 北海道・東北地方:
北海道(0)- 青森県(0) - 岩手県(3) - 宮城県(9) - 秋田県(0) - 山形県(0) - 福島県(2)

            
     

* 関東地方:
茨城県(2) - 栃木県(1) - 群馬県(3)  - 埼玉県(6) - 千葉県(11) - 東京都(35) - 神奈川県(23
  



* 中部・東海地方:
新潟県 (0) - 富山県(0) 石川県(0) - 福井県(0) - 山梨県(1) - 長野県(1) - 岐阜県(2) - 静岡県(3) - 愛知県(17)




* 近畿地方:
三重県(0) - 滋賀県(1) - 京都府(12) - 大阪府(20) - 兵庫県(13) - 奈良県(5) - 和歌山県(1)




* 中国地方:
鳥取県(1) - 島根県(0) - 岡山県(0) - 広島県(1) - 山口県(1)



* 四国地方:

徳島県(0) - 香川県(1) - 愛媛県(1) - 高知県(0)




* 九州・沖縄地方:
福岡県(7) - 佐賀県(0) - 長崎県(0) - 熊本県(1) - 大分県(2) - 宮崎県(0) - 鹿児島県(3)- 沖縄県(0)    





トップ3! 

第1位:東京都  35名 (昨年1位 29名)
第2位:神奈川県 23名 (昨年4位 11名)
第3位:大阪府  20名 (昨年2位 18名)




前年度チャンピオンの東京都がさらに人数を伸ばしてぶっちぎりの第1位。さすがです。チャンピオンの風格が漂っています。 2位は昨年の4位から勇躍した神奈川県!昨年同率4位だった埼玉県をうっちゃり、さらに大阪の足元までもすくう大金星です。人口数全国2位の名に恥じない快挙です。そして3位は大阪府。順位は1つ下がったものの、去年よりも数字を伸ばしての3位。よくやったと褒めてあげたいですね。


注目株の第2グループを見ていきましょう。愛知県は昨年の9名を大きく上回る17名。中日ドラゴンズのセ・リーグ制覇記念でしょうか。飛躍的な伸びに驚きました。兵庫県は昨年4名から今年は13名、京都府も昨年の4名から12名へ、大幅アップ。この3県の活躍は、今シーズンの台風の目となりました。個人的には、ゴールデングラブ賞を進呈したいところです。



昨年を大幅に上回るお客様に恵まれたオークランド留学センターですが、残念ながら、ただの1人もお越しいただけなかった県が、16県もあります。



東北地方から見ていきましょう。

地図201003
青森県、秋田県、山形県の3県の皆様!明るい未来は、ニュージーランド留学から!皆様のお越しを首を長くしてお待ちしています。



関東から中部、北陸地方を見てみましょう。
地図201004
うーむ、日本海側のみなさん、元気がありませんね。2011年の奮起に期待します。



関西、中四国はどうでしょうか。
地図201005
昨年は1件だけだった四国が2県になりました。今年お越しいただいたMさんは、昨年のこのブログを見て、「私が行かねばなるまい!」と、潔く愛媛からお越しいただきました。いつも送って下さっていたメールのタイトルは、「みかんの国から」でした。ありがとうございます。高知県、徳島県にお住まいで、第2にMさんになられる救世主の登場を期待します。



最後に九州・沖縄方面です。
地図201006
九州・沖縄からは4県からお越しいただきました。来年は、5県越えを願っています。




去年と今年、統計を取ってみて2年続けてゼロだった県があります。


発奮を促す意味で、あえて名前を出します。




青森県

秋田県

山形県

富山県

石川県

福井県

島根県

徳島県

高知県

佐賀県

長崎県

沖縄県




11県のうち7県が日本海側です。



荒々しい日本海の景色もいいですが、ゆったり穏やかなニュージーランドの海もいいですよ~!


来年は是非ニュージーランドに来て下さいね!




============================================




さて、オークランド留学センターの年内の営業は12月24日までです。

新年は1月5日から営業を開始します。

もっとよりよいサービスを提供していけるよう、スタッフ一同、今一度気持ちを引き締め新年を迎えたいと思います。

2011年が皆様にとって素晴らしい年になることをお祈りしています。





気分を変えましょ。

2010
12/13
*Mon*
Category:ARC関係
師走に入ると、ニュージーランドの留学業界は、水を打ったように静かになります。

新規留学生の渡航者数はがくっと落ち込み、年度末に帰国する人たちもたくさん。

高校生たちも年末年始は日本に帰省してしまうので、12月中旬から1月末にかけては、オークランド留学センターもそんなに仕事がありません。(ないと困るのだけど、、)


6月に今のオフィスに引っ越して半年。


仕事をしてみると、デスクの配置が今ひとつよくないことに気づきました。もともとそんなに広くないスペースなのに、効率の悪い使い方をしていたので、このタイミングで模様替えを実施しました。



Before: オフィスを入ってすぐのスペース。

Before8

真由美のデスクがどーんと置かれていて、お客様がのんびり出来るスペースが狭い。

Before3


After: 真由美のデスクを撤去。これで、ゆったりしたスペースが出来ました。

Before4

冷蔵庫やレンジ、お茶などはお客様にも使っていただけるよう、あえて目につく場所に設置。
いつでも弁当食べに来てや~!

Before9



Before:僕が使っていた部屋。

Before5


After: ここに真由美が入りました。まだ片づいてないので、部屋の中の写真はパス。

Before6



Before: 倉庫兼、従業員食堂として利用していた部屋。

Before1


After: ここに僕が入ることに。なんか社長室みたい。

Before2



入居前はがらんとしていた部屋も、今ではこの通り。

Before7

Before10




模様替えをして、気分もリフレッシュ!



留学のお問い合わせは、オークランド留学センターへ!


降りろ、12階!

2010
12/09
*Thu*
オークランド留学センターと提携しているクライストチャーチのE社の社長が仕事でオークランドに来られたので、一杯飲りましょう、ということで、お世話になってる英語学校の男性スタッフも交えて飲みに行ってきました。

焼き鳥バーKenというお店で、Asahi Super Dryを飲み、焼き鳥をつまみ、仕事の話をして、“正しい日本のビジネスマン”式のオヤジ飲みを楽しみました。

話も酒も進んできたので、じゃあ場所を変えましょう、と向かった先はMercure Hotelの最上階のバーラウンジ。

別の学校やうちの会社のスタッフも合流して、オークランドの夜景を楽しみながら、会話を楽しんでいました。

ところが10時を過ぎた頃に、なにやら怪しげなサイレンの音が。。


「火災報知器が鳴っているので、至急非難してください。(evacuation!!) 」とバースタッフが、あまり慌てた様子もなくラウンジにいるお客さんに案内を始めました。

じゃあ、このタイミングで精算して帰ろうか、と思いましたが、「今はレジは動かせないので、とにかく避難してください。あとで戻って来てくださいね~。はい、避難はあちらからどうぞ!」

と、指した先は、非常階段。



げ!まじで?



エレベーターはもちろん使えず、避難は階段を利用しなくてはいけない! というのは、表向きのことで、骨折している人には、エレベーターを使わせてもらえるだろう。 と思うのは、てめえの勝手で、とにかく階段を使うしかないようだ。


夜景の綺麗な12階のラウンジから、景色も見えない非常階段へ。



Moon Bootsの僕は、一歩づつしか階段を下りることが出来ない。おまけに酒を飲んでるので、それはそれは地上階の遠いこと。


筋肉番付に出て優勝したことがあり、素手で熊を倒すことが出来るという必殺スタッフの真由美が「腕貸しますよ!」と、言ってくれたが、さすがにそれは恥ずかしい。 手すりを使って、足を引きずり、ようやくロビー階に来てみると、何台もの消防車と避難客。ホテルを見えげても煙も見えないので、多分なんともないよ、とその場を少し離れることに。


酒の勢いもあって、「明日払いにくればいいから、別の場所で飲みなおそう!」と違うバーに向かいました。



そして今朝起きてみると、、


痛っ。


骨折した足が痛いのではなく、その足をかばって歩いた左足全体が筋肉痛。


怪我以来、何にも運動してないし、久しぶりに長距離を歩いたので疲れちゃった。



もし本当に火災が起きてたら大変だったろうな。




教訓:骨折中は低層階で過ごすこと。





bad days

2010
12/06
*Mon*
先週1週間は、ろくでもない1週間だった。

のどの痛みもあって、火曜日は休んだが、その日から38℃台の発熱。

平熱が36℃もない身にとって、38℃台はそれこそ、「死にそう」なレベル。

薬を飲んでは眠り、足首までしか水がないプールで、必死に泳ごうとしている夢を何度も見て、汗と喉の渇きで目が覚めて、今が朝なのか夜なのか、昨日なのか明日なのかも分からない時間を過ごす。熱は3日続き、4日目、5日目には激しい頭痛。少林寺で骨折した足は、全く痛くないのに、頭痛は痛い。(あっ、頭が痛い、か。)

「熱よりは頭痛。いや、頭痛よりは熱がましだったなあ。」などと、うつらうつらしながら過ごす。

このままFade outしていくんちゃうかと思ったけど、ようやく昨日になって、体調復活。

地面に対して180度の横たわった状態が5日も続いたあとは、まっすぐ起きているのが辛かったが、”リハビリ”の気持ちで、我慢しているうちに、なんとか通常の感覚に戻る。




やっぱり、気が抜けてしまったんだな。




しかし、今日から復活。





またネジを締めなおして、頑張ります。




骨折3日目

2010
12/01
*Wed*
骨折も3日目に入ると、今度は気分的にどーんと落ち込んでくる。

「あのとき、足をこっちにやっていれば。。。」「気合いが足りなかったなあ。」

「日本で会う予定だった皆様にご迷惑をかけてしまった。」

内出血で黒ずんだ足を見ていると、情けなくて仕方がない。




情けなくても、足以外は元気だから、会社に行くことにしよう。今日は月曜日だ。

ブーツを脱いで、親指の裏を中心にアクセルとブレーキの操作。

足首の曲げ伸ばしが出来ないので、足首は90度の状態。

アクセルからブレーキに足を入れ変えるときは、膝から動かすことになる。

あまり安全ではないけど、バスで行くよりはずっと楽なので、慎重に車を動かして出社。

オフィスビルにMoon Boots姿は、異常に見える。



本当なら、明日から日本に行くので、ぽっかり穴があいた気分。

情けないなあ。




情けない、情けない、と呟いていると、必殺銀ネンダーこと、銀宝飾師のYUKIさんが、見舞いに来てくれた。

「きっと、自分の骨折のことを嘆いてらっしゃると思いますが、そんなことはありません! 名誉の負傷です。初段になられたこと、すごいことです。おめでとうございます。」と、手にはオレンジのバラと、手作りケーキ。

涙ハラハラ流れるような、有り難いお言葉に感謝、感謝。



メールでも、「勝利の骨折ですね!」「日本出張が延期になったのはホントに残念ですが、無事に黒帯となったこと、そして痛みに耐え、最後まで昇段試験を続けたことは素晴らしい!!」「私も以前スキーで右膝靭帯を痛めて半年位、松葉杖をついていたことがあり、歩けない辛さは本当によくわかります。どうか、くれぐれもお大事になさってください。」「違うことで事故や家族に何かあることを思えば、これで厄を落としたと思って、出来た時間を今まで出来なかったことに使ってください。」「気持ち的にブルーだと思いますが、これも何かあっての事だと思いますよ。これも経験です!!」と、有り難いお言葉の数々。




気持が弱っている時に、こういう言葉って、効きますね。


ありがとうございます。





もともと出張予定で、仕事を前倒ししていたので、毎日出社しなくても、当面はやっていけそうだ。

なんだか、喉が痛いし、明日は家でゆっくりしよう。







プロフィール

Toshi

Author:Toshi
旅行の仕事で世界をまわるうちに、海外に住みたいという思いを募らせ、2001年に家族とともにNZに移住。ワーホリサポートエージェント勤務を経て、2005年独立してオークランド留学センターを設立。
海外添乗、海外移住、海外起業、、、、若い頃には思ってもなかった人生を歩んでいます。
海外でのビジネスは、山あり、谷ありだけど、家族や友人に支えられてまだまだ頑張ります☆
今年も「開花」を目指してポジティブに頑張ります。



最近の記事



最近のコメント



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



FC2カウンター



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



Twitter



ブログ内検索



RSSフィード



Copyright © NZの話 Late for the sky All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。