04
1
2
3
5
6
7
8
9
11
12
14
15
16
17
18
19
21
22
24
25
28
30
<< >>

This Archive : 2010年04月

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Surprise! Surprise! Surprise!

2010
04/29
*Thu*
昨日は誕生日ということで、たくさんのお祝いメールやカードをいただき、本当にありがとうございました。

夜にはスタッフの真由美が、サプライズパーティーを企画してくれていました。

「2,3人だけ参加が可能で、こじんまりで申し訳ないですが、お祝いさせてください。」と夕食に誘ってくれ、家族と一緒にそのレストランに到着して、超びっくり!

いきなり、クラッカーが「パンパン!!」と弾かれ、「うわっ!なんだ、なんだ?」と腰を抜かしてしまいました。

腰を抜かしつつテーブルを見ると、知ってる顔がたくさん並んでいて、これがサプライズ・パーティーだったことを知りました。なんと20人近くも集まってくれていました。

更には手作りケーキに、誕生日プレゼントまで。。。本当に何も知らずに企画が進行していたので、驚きをはるかに通り越し、感激するとともに、大変恐縮しました。


皆様にこの場を借りて、改めて御礼を申し上げます。



カード1
16人の寄せ書き入りカード。

カード その2

カード その3
ARCの元お客様、亜樹さんから届いた誕生日取り扱い説明書


けーき
「Yakitori Bar 大将」のおかみさん手作りのチーズケーキ。(最高においしかった。)



サプライズ
店に入った途端、クラッカーでの大歓迎。超驚いてる様子。



スポンサーサイト

とんこつ味のマカロニ

2010
04/27
*Tue*
Category:食べ物
どうしてマカロニがとんこつ味なのか?

とんこつ味のマカロニとはどんな味がするのか?

このパッケージを見つけた途端、衝動買い。

とんまか1



即席ラーメンと同じように作ればいいらしい。
とんまか2


袋から出して、粉末の調味料を入れて、最後にお湯を入れてチンします。
とんまか3


麺の代わりにマカロニが入ってるだけで、とんこつ味の即席めんと変わらない。
とんまか4



まずくはないけど、こういうものを食べると

「なんだかなあ~」 という言葉が自然に漏れてしまう。

とんこつ味の出前一丁 $1.00 とんこつ味のマカロニ出前一丁 $1.70

日本にはあるのかな?


もうすぐ4月も終わり

2010
04/26
*Mon*
あれ?っと言う間に4月が終わりそう。


4月2日~5日はイースターホリディで、確か1日は仕事をして残りの3日はノンビリ。3月がタイトに働いていたので、体の疲れが溜まっていたみたいで、休めば休むほど体の疲れが滲み出てしまい、ぐったり状態。


7日はワイカト大学で環境科学を学ぶ晃次くんに会いに、日帰りでハミルトンへ。
彼の専門は、湖沼の水質研究。今はBay of Plenty Regional Counsilからの依頼でロトルア湖に隣接する小さな湖の水質管理をやってるそうです。隣のロトルア湖から入ってくる汚染された水のせいで、藻が増え、湖が呼吸出来なくなり、水質が悪化しているそうです。どうやれば水質を守れるのか、という大変難しい研究をしています。

目から鱗の話をたくさん聞かせていただきました。 ほんと、素晴らしい。彼はこの3年、100%英語環境の生活。説明してくれるための日本語が出てこなくて辛そうでした。


11日からは現地にある留学エージェントさんと業務提携の話をしに、泊りがけでクライストチャーチへ。
約5年ぶりのクライストチャーチは、まず空港が大きく変わりつつあってびっくり。そして、知ってはいるけど、オークランドと違って坂がなく、ずーっと平らであることに再度驚く。留学マーケットは、堅調とは言い難い状況だけど、クライストチャーチのエージェントさんと組むことで、新たな展開が期待できそう。4年ぶりにカジノに行って、ルーレットで60ドルの負け。



20日からの4日間は、日本の提携エージェントさんが視察に訪れたので、毎日一緒に学校訪問。
語学学校や高校などを訪問し、新しい情報を仕入れたり、滞在中の生徒さんの様子を見たり。毎日外食だったので、おいしいレストランもいくつか新規開拓。日本食の「601」(Kingsland)では、King Fishの刺身とてんぷら、そしてお寿司が絶品でした。韓国レストラン「Falo」(City)は、韓国料理とは思えないほどオシャレな内装。食事もおいしかった。中華の火鍋 「麻辣誘惑」は、怪しくも楽しい情熱の火鍋です。


出張の合間の平日も、学校訪問、生徒のカウンセリング、新規渡航者の手配など、到着客の少ない4月にしては、思いがけないほどやることのある毎日。週末も学生の引越しを手伝ったり、休日出勤したり。


そんなこんなで、「あれ、もう月末?」と、僕にしては珍しい、慌しい4月がもうすぐ終わりです。


ワイカト大学
ワイカト大学はキャンパスが美しい。

daiseido
久しぶりの大聖堂。

jusina
秋の空になってきました。




日本はそろそろゴールデンウィークですね。

メイド・イン・ニュージーランド

2010
04/23
*Fri*
「何をお土産に買って帰ればいいでしょうか?」 という質問をたくさんいただきます。


ワインもチョコもありきたり。セーターは高いし、名産はないし。


そんなみなさんに、この場を借りてお答えしましょう。


題して、

『スーパーマーケットで買える、Maid in New Zealand土産』



その1 マヌカハニー

いわずもがな。 もうとっくに有名になってるマヌカハニー。
お土産屋にいくとUMF10+とか25+という強力なのが売ってますが、スーパーで買えるのは5+.

約12ドル。
マヌカハニー



その2 アボカドオイル
アボガドちゃいますよ、アボカドです。にごりません。
オリーブオイルと同じ使い方が出来ます。
そろそろ日本にもブームが来てもいいんじゃないの?と思ってもう3年。


約10ドル
アボカドオイル



その3 WAHA WERA キーウィーフルーツ&ハバネロソース
甘いけど辛い。辛いけど止められない。
舌が燃えるけど、笑いはとまらない。食卓に笑いをもたらしてくれる1品です。


約7ドル
ハバネロソース




その4 Anathosのジャム
いちご50%、砂糖50% !!
変なものが入ってないとってもピュアでまろやかなジャム。これを使い出すと、他のジャムに満足できなくなります。

約5ドル
ジャム



その5 Tui Matoソース
Tui というビール会社が作ったトマトソース。
駄洒落で、Tuiマトソース。
これでチップスを食べるのがKiwi Way。 最高。

約4ドル
Tuiマトソース



その6 ネスカフェのフラットホワイト
実はMaid in NZではありません。
ニュージーランドとオーストラリアで飲まれるエスプレッソコーヒーの一種「フラットホワイト」は、日本にはないので、話のネタにいい土産になるのでは?

約7ドル
フラットホワイト



そして、これらを入れるのは カウントダウンのエコバッグ

約1ドル50セント
エコバッグ



これだけ買っても50ドルもしないです。


結構重くなってしまうけど、Maid in NZを強調するには最高のラインアップです。



火山といえば

2010
04/20
*Tue*
アイスランドの火山噴火で、ヨーロッパ方面がすごいことになっていますね。

Air NZはロスや香港で足止めを食ってる人のために、無償で搭乗できる緊急のサービスを開始するそうです。



一昨年にビョーク(Björk)好きの友人がアイスランドに旅行して、彼からカレンダーをお土産に貰った。温泉と噴火してる山の写真がいっぱいあった。ダイナミックな土地だなあ、と思っていたけど、まさかこんなに凄い事態になるなんてねえ。


ところで、オークランドに住んでる人なら知ってることですが、実は火山っていうのはオークランド人には身近にあるものなんです。

volcano


この地域一帯は「Volcano Fields」と言われており、50もの火山の跡があります。

オークランドは火山の跡の上に建ってる街ということになります。(お陰で坂の多いこと!)




有名なとこだと、観光地にもなってるMt.EdenとOne Tree Hill.

どちらにも火口跡が残っています。

Mt Eden

One tree hill


こんな丘のような形をした小高い山がオークランドにはいくつもありますが、たいていは火山の跡なんだそうです。





そして、一番大きいのがこれ。


Rangitoto


Rangitoto Island です。 マオリ語でRangi は空、そしてtotoは血。


火山を連想するGood Namingですが、なんとこの島は、「休火山」なんだそうですよ。


そう、現在は「お休み中」。



いつか休みが明けたら、アイスランドの騒ぎどころではなくなってしまうのです。



なむなむ。

Carole King & James Taylor オークランド公演

2010
04/13
*Tue*
Category:コンサート
carole king and james taylor2

大御所Carole KingがJames Taylorと組んで、ニュージーランドにやってくるとあらば、行かねばならね。



オークランド公演 4月10日(土)

会場はVector Arena


このコンサートのチケットは、Trademe  というネットオークションのサイトで手に入れたのです が、


「息子にプレゼントしてもらったけど、手術することになって見に行けなくなった。」


というチケットや、


「妻と一緒にいくつもりだったが、つい先日先立たれてしまい、もう見る気がしない。」


というチケットまでありました。 


むむむ、と考えてしまいますね。



ckjt1  ckjt2



70年代にメガヒットを飛ばした人たちと言えど、

それ以降はヒットがないので、ほとんど「クラシック」化してるし、

そんなにお客は入らないので? と思っていたけど、とんでもない。

会場は超満員。

その殆どが、60代の初老の人たち。


この世代の人にとっては、青春時代のバックグランドミュージックみたいなものなんだろうな。




 



ステージは、JTのギター、CKのピアノ、

そしてベースとドラムとキーボードにコーラス3人のシンプルな編成。



ckjt7




I feel the earth move

Natural Woman

So far away

Beautiful

Will you love me tomorrow

Fire and Rain

You've got a friend

など、懐かしいヒット曲もたっぷり演奏してくれました。
 

ckjt5





ckjt3




Loco Motionも実はCarole King の曲。


2時間半に及んだコンサートの最後は、Loco Motionで乗りに乗って会場総立ち。


ckjt4

Everybody's doin' a brand new dance now
Come on baby do the locomotion!!




CK JT



「一時期よく聞いていた昔の大物アーティスト」、を見ておくか、と観光名所を見るような感覚で、

何も期待しないで出かけたのですが、とてもパワフルなステージを見て大変感動しました。


Carole Kingは68歳になっても、あのハスキーな声はそのままだったし、

James Taylorの包み込むような優しい声もそのまま。

そして、I feel the earth move や loco motion といった激しい曲では、

ステージを駆け回り、観客を盛り上げていました。

もう何千回も何万回も歌っているはずのヒット曲を、とても丁寧に歌ってくれていました。



一緒に行ったダイナスピークで勤めるアキラさんは、

「値打ちのあるコンサートやったわ~、いいもの見た~!!」


と何回も繰り返していました。







世界地図を見ながら思うこと。

2010
04/10
*Sat*
Yellow Dot 75% OFF

の、値引きに引き寄せられて、Collinsの世界地図を購入。

Collins 1


地図をじーっと見て、ふむふむ、とうなづいたり、え~、ここはこうなってるのか~ と感動。



地図とか時刻表って楽しいんだよね。



ニュージーランドはこんな形をしています。日本と同じで島国です。
日本の形とNZの形ってなんとなく似てる。

Collins2




こんな地図を眺めてると、「そりゃ、テポドンが飛んでくる距離だ。」とか、「日本の領土って台湾のすぐそばまであるのか~」と思う。 やっぱり地図はおもろい。

Collins3


最後のページには、各国のデータが。

首都や国土、人口、言語、宗教、通貨。 データを追っていくと、こんなデータまで。

collins7



1000人あたりの出生率、死亡率、平均寿命。

Collins4


日本       9.9.81 
ニュージーランド 14.8.78
アメリカ     14.9.78
韓国       12.7.74
スイス      11.11.80

と、先進国はこんな具合に,出生率も死亡率も10%前後で、寿命は70~80歳。
(日本は長い。_)


ところが、アフリカや中東の戦争がある地域だと

ソマリア     50.17.47
ルアンダ     44.22.40
エチオピア    42.20.42
モザンビーク   40.21.41
アフガニスタン  49.21.43

と出生率、死亡率が異常に高く、そして平均寿命が短いです。




さらにデータは続きます。

1000人あたりの医者の数、識字率、就学率

Collins5


日本       190.100.102
ニュージーランド 220.100.112
アメリカ     280.100.95
韓国       130.98.94
スイス      350.100.100

(案外、日本の医者の数が少ない。)



ソマリア     4.-.-
ルアンダ     -.69.12
エチオピア    -.42.18
モザンビーク   -.47.12
アフガニスタン  11.-.-

- はデータがないという意味です。


医者もいないし、教育を受けることは限られた一部の人しか出来ない。




しみじみと自分の生きている環境のありがたさを感じると同時に、平和でない国で生きている人がいることも覚えておかなくては、と思う今日この頃です。





オークランドのトラム、そしてあまり変わらない風景

2010
04/04
*Sun*
仕事も一段落着いて、イースターホリディに入りました。祝日が少ないこの国で、4連休は日本でいうゴールデンウィークのようなものです。イースターフライデーの金曜日は、キリスト教の人にとっては「働いちゃいけない日」で、スーパーでさえも閉まってしまいます。 けれど、アジア人がやってる店に関して言うと、あんまりそんなことは関係なく、クイーンストリート界隈のレストランは賑わっていたようです。そして、やっぱり僕も金曜日はやり残した仕事をしていました。週末の出迎えがある上に、祝日が少ないし、まとまったホリディなんて取れないしで、僕の労働日数というのは1年300日を超えるんじゃないかと思う。 のんびりした国に住んでるとは言え、やっぱり日本人ですなぁ。


図書館でおもしろい本を見つけました。

tram1


1901年頃から1956年頃まで、オークランドにはトラムが走っていたそうですが、トラムの走っている街の風景を集めた写真集です。



tram3



これが1950年代の路線図。幅広く網羅してるけど、St Heliers方面は路線が延びてません。

tram6



ぱらぱらやってて思うことは、50年も前の写真なのに、そこに写っているビルや景色が今のものとあまり変わらないことです。 どんどん開発されて、元の街の姿がなくなってしまう日本と違って、この国の場合は、ビルの外観はそのまま保存するケースが多いので、時の流れを感じない不思議な感覚にとらわれます。



tram5
Victoria Park Marketの前。 昔、この建物がゴミ焼却場だった頃の写真。


tram7
オークランド大学を走るSymonds Street. まったく変わってません。


tram4
クイーンストリート。 一番奥にフェリーターミナルビルが写ってます。



tram9
Mt.Eden Villageのあたり。


tram8
Sandringhamのあたり。


tram2
カラー写真。 これは現在のBrito Mart駅付近。 左に写っているのはARCが2年前まで入居していたビル。全く同じ外観です。






図書館に行くと、古い町並みを集めた写真がたくさんあるのですが、100年も前の風景の中にさえ、現在も毎日目にしている建物や風景を見ることが出来ます。そのたびに、街の歴史の中に生きてることを感じて、小さな感動すら覚えます。





トラム
戦後にトロリーバスが走り始め、トラムは1956年に全廃となりました。
現在ではMOTATという交通博物館でトラムを見ることが出来ます。
そのMOTATと動物園の間、1キロちょっとを運行しているので、乗車体験が可能です。




プロフィール

Toshi

Author:Toshi
旅行の仕事で世界をまわるうちに、海外に住みたいという思いを募らせ、2001年に家族とともにNZに移住。ワーホリサポートエージェント勤務を経て、2005年独立してオークランド留学センターを設立。
海外添乗、海外移住、海外起業、、、、若い頃には思ってもなかった人生を歩んでいます。
海外でのビジネスは、山あり、谷ありだけど、家族や友人に支えられてまだまだ頑張ります☆
今年も「開花」を目指してポジティブに頑張ります。



最近の記事



最近のコメント



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



FC2カウンター



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



Twitter



ブログ内検索



RSSフィード



Copyright © NZの話 Late for the sky All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。