03
1
3
4
6
7
8
11
12
13
15
17
18
20
21
23
24
25
27
28
29
31
<< >>

This Archive : 2009年03月

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

煮詰まる時

2009
03/30
*Mon*
留学生のお世話をする仕事をしていると、ふか~いところでの付き合いが増えるので、人間とはどれほど苦渋に満ちて、悩み、傷つく生き物であるのかとつくづく考えてしまいます。


さあ、ニュージーランドでいっちょうやったるぜ! という人もいれば、

ああ、気づけばニュージーランドに来ていた、という人もいるし、

このニュージーランドでなんとかしたい、という人もいるし、

なんで、ニュージーランドなんかにいるんだろ、という人もいる。





誰にだって、光と影はあるし、誰にだって夢や希望もある。

光や夢を自分で見つけることの出来る人と、そうでない人、

それに向かって歩き出せる人と、いつも同じところをぐるぐる回って歩き出せない人、、、。

自分を表現出来る人と、自分のことをまだよく知らない人。。






僕の仕事の時間の半分以上は、どうやって解決をすればいいか悩んでいる人のそばに行って、その人が求めることを感じ、その人にとって僕が何が出来るのかを考えること。
そして、確かな答えは分からないけれど、とにかく何かのアクションを起こす。




悩みを抱えている人に出会うたびに、僕も一生懸命考え、そして悩む。

考えて、悩んで、一緒に笑えるときもあれば、一緒に傷ついたままの時もある。



僕は、人より楽天的であることや、忘れっぽいことで、苦しみの時間を短くできる。

だけど、そうじゃない人もたくさんいる。

そういう人たちを思って、また今夜も考える。
その人たちは、どうしたらいいんだろうか、僕は何をすべきなのか。
昨日起こした行動は間違っていなかったのか。明日起こる問題は、今日防げないのか。
1+1=2 のように、数式で出せる答えはないのかなあ?



なんか、最近はそんなことばかり考えています。







スポンサーサイト

Donkey's Birthday

2009
03/26
*Thu*


3月も下旬に入り、オークランドはすっかり秋の気配。風が冷たくなってきました。


繁忙期ということもあって、僕は毎日オークランド中を走り回っています。














DB3

「Toshiさん、お元気ですか?私はタウポでスカイダイビングに挑戦しました!」

ワーキングホリデーでお越しのAさんが旅行先から写真を送ってくれました。

笑顔に余裕が感じられますねぇ。。






DB4


小学5年生、6年生の団体が到着!

今日から1週間のホームステイとニュージーランドアクティビティの体験です。






DB5


晴れた日に海を見つめる女性。


絵になります。





DB1


オークランドは今日も快晴!


ん? よく見ると、、、






DB2


ビルの清掃中。

気をつけて下さいね。


Marvi

ARCスタッフ真由美さんちのMarvi





備忘録:きつねの嫁入り、英語ではDonkey's Birthday




TonyとRachelの結婚式

2009
03/22
*Sun*


少林寺拳法仲間のTonyのWedding partyに行ってきました。


tr1


tr2   tr3

tr5   tr4


     パーティーはビーチのすぐそばにあるヨットクラブで行われました。

     青い海、青い空、行き交うヨット、そして結婚式。まさに絵に描いたような風景でした。

     
Tony と Rachelは職場で出会って結婚されたそうです。すでに昨年にRachelさんの祖国、イングランドで結婚式を挙げていて、今回は2回目の結婚式だそうです。
Tonyの年齢を知らなかったのだけど、人に聞いたところ、彼は39歳。 なんや俺より年下かい!





NZで何度か結婚披露宴に参加させてもらったことがありますが、日本の結婚式とは随分様子が違います。

昨日の結婚披露宴はこんな感じです。

16:00  Ceremony

16:30   Afternoon Tea

18:30   Speeches and Dinner

21:00   Dancing

00:00   The Last  Dance!


ちなみにドレスコードは Semi-Formal とありましたが、男性陣でネクタイをしていったのは僕を含めて、ほんのわずかで、後はドレスシャツレベル。 ふ~ん、そんなもんかあ。って思います。

tr6

Tonyは、英語学校の先生をしていて、普段から人の前で話しをしているので、スピーチがすごく上手。

みんなを笑わせていました。 ちなみに奥様も先生だそうです。


tr7  tr8

食事はブッフェスタイルで、ローストされた大きな羊と豚の固まりが横たわってました。

ビールもワインも飲み放題。 

隣に座った女性は、日本に何年か住んだことがあるそうで、流ちょうな日本語を話されてました。

彼女の旦那さんはトルコ人で、日本で大工の仕事をしてたそうです。

その人の日本語も、怖いくらいに上手でした。2人が出会った時、旦那さんは英語が話せないので、

日本語で会話してたそうです。いろんな出会いがあるもんですね。

tr9

tr10

tr11

食事が終わると照明が落ちてダンスが始まります。

ちゃんとDJもいましたよ。


22:00過ぎにおいとましましたが、みんなガンガンに踊りまくってました。





おまけ1

tr12
胴着を着ているとそうでもないが、私服を着ると殆どギャングのような少林寺拳法Kids.

食事の席では、シャンパンやワインをがぶがぶ飲んで酔っぱらってました。(僕も)



おまけ2

tr13

1級テストのパートナーをしてくれたChadと。





Congratulations

Tony and Rachel






1級昇級試験

2009
03/19
*Thu*
Category:スポーツ
昨日は、少林寺拳法の昇級試験でした。

2007年9月に2級に昇級した後、モチベーションが下がって練習を時々休んだり、怪我をしたりして、今回の試験まで随分間が空いてしまいました。


試験は、基礎の技法確認、1級技法の確認、1対1の乱取り、単演と組演武。

たっぷり2時間。

5リットルくらい汗をかいて、息は切れ切れ、足はよれよれでしたが、なんとか無事に終了。

少林寺拳法を始めてから3年半。ようやく1級に昇級させていただきました。

さあ、いよいよ次は、黒帯(初段)への挑戦です。




少林寺3

少林寺拳法 オークランド支部のメンバーと。


少林寺1 少林寺2
                      左: 4級の試験を受けたManuelと。
                      右:2週間後に5級試験予定のGraceと。



突撃! 社長のNZゴハン 

2009
03/16
*Mon*
Category:ARC関係
少林寺拳法仲間のS嬢から  「Toshiさん 取材協力してください。」とメールが来た。
(この方です。)
    
NZゴハン


メディア関連の仕事をしていて、表題のネタを提供してくださる社長を捜してるそうな。


会社の宣伝にと思い、送られてきたテキストにちょこちょこっとカキコンデ、

自分の持ってた写真をちょこちょこっと送っておきました。





そしたら今日、編集が出来て早速記事になっていました。


書いたのはSさんではなく、彼女の上司の池田さんです。


言っておきますが、目の前でインタビューをしたわけではありません。


まるで、目の前で話すように書くあたりさすがプロ!と言ったところでしょうか。


ボクのことを知ってる方が読むと、「おいおい」と吹き出すほど、いい男のように書いていただいています。



ということで、突撃!社長のNZゴハン 第28皿目 どうぞご覧下さい。









初体験、ブラジル料理

2009
03/14
*Sat*
Category:食べ物
「練習後はブラジルレストランにいきましょう!」

NZに来てまだ間もないブラジル人留学生マキセリーノおじさんが、土曜の少林寺拳法の練習後に、みんなを誘ってくれて、僕も初めてブラジル料理を食べました。

サンバ1

お店の名前は、Samba Cafe。 (これって日本食レストランSamuraiとかGeishaぐらい、イメージのわかりやすいネーミングなんでしょうね。)
Upper Queen Streetにあります。周りは学生向きの安いレストランがいっぱい。

サンバ15
午後2時近くでしたが、店内は遅い昼食を取るブラジル人で賑わってました。

さあ、どんなもの食べれるのかなあ。




??




サンバ2

ランチメニューはバイキング。なんと量り売りだー!!


サンバ3
ごはんもあるし、あずきの煮たのもあります。

サンバ4
左下がクスクスというもの。笑いながら食べます。

サンバ5
レジの兄ちゃんはクスクスではなくニヤニヤ笑ってます。


サンバ6
こんな感じで、レジの横にある秤に乗せます。
この方は小食ですね。290グラムで5ドル20セント。


サンバ13
はい、みんなナカヨクいただきま~す。
今日のメンバーの国籍は、ニュージーランド、日本、フィリピン、中国、ブラジルの4カ国。


サンバ8
これは僕の皿です。バランスよく全品制覇。 これで10ドル80セント。

サンバ9

サンバ11

サンバ10
この人は肉を多めに取ったので重くなってしまいました。締めて13ドル。



ご飯はパラパラしたタイプのものでしたが、違和感なし。
豆は甘くなくて、その代わりにガーリックが効いてました。
ミニコロッケのようなフライものの中にはなんとバナナが!
豚肉はジャーキーになっていて、かめばかむほど味が出てきました。

全体的に薄味で、これといった癖がありませんでした。

おいしかった?と聞かれると、「普通においしい」という感じかな。


サンバ12
そしてブラジルの飲み物といえばガラナだそうです。(でも、これ日本製っすよ。)

サンバ16

サンバ18
女子はご飯を少なめにしてデザートを楽しんでました。
上はプリン、下はココナッツのまんじゅう。



3時間近くに及ぶきつい練習の後、わいわいがやがやとおしゃべりしながらの楽しい昼食タイムでした。ありがとう、マキセリーノおじさん!


サンバ14
マキセリーノ(右)は、日本人の間では密かに、「牧瀬里穂」と呼ばれてます。

彼の名前を呼ぶとき、やめようと思っても、僕の頭の中ではいつも牧瀬里穂が微笑んでいます。





きっと牧瀬里穂はブラジルにいけば、マキセリーホで通じるんやろうなあ。




さよなら、夏の空

2009
03/10
*Tue*
ここ数日、風が冷たくなってきました。陽射しの強さもピークを過ぎたようです。


外を歩くとすこぶる爽やかさですが、夏の終わりを感じて、少し寂しくなります。


オークランドは冬になると、雨の回数が増えて、空も雲で覆われています。


突き抜けるような青空を見れるのは、あと少しかな。


ニュージーランドに住んでて 「いいなあ~。」としみじみ思うのが、「空」です。


遠くまで見える空が好きです。 と書くと、メルヘンチックな感じだけど、まあいいでしょう。




夏空1
St.Heliersにて。


夏空2
家の近所の小学校で。


夏空3
Kohimaramaで。


夏空4
St.Heliersから見たRangitotoの空。



夏空8
West Harbourのファームで。


夏空10
家のベランダから。


夏空9
Long Bayの空。


夏空7
家の近所の小学校で。





取り過ぎでっせ。

2009
03/09
*Mon*
ぶどう1


我が家の物置を覆う、この葉っぱ。 


何か分かりますか?





ぶどう2


そうです。 あれです。






ぶどう3


ぶどうの木です。


肥料もなんにもやらないのに、ニュージーランドの陽射しをいっぱい受けて、勝手にすくすくと育ちました。








ぶどう4



どうですか! この艶やかさ。


おいしそうでしょう~。



ついつい、たわわに実ったぶどうを取りまくってしまいました。。。






ぶどう5




ぶどう6


こんなたくさん取ってどうするの!!



まだまだたくさん成ってます。


ぶどうを使ったレシピ募集中です。



エリック・クラプトン オークランド公演

2009
03/05
*Thu*
Category:コンサート
3月4日(水) Vector Arenaで行われたエリック・クラプトンのコンサートに行ってきました。


先週まで、日本で公演を行っていたので、クラプトンは寒いところから、いきなり暑いところにやってきたことになります。ワールドツアーというのは、ホント大変ですね。この先もまだ、いろんな国を周るんでしょうか。



EC1

実は1週間前になって、コンサートを見に行くことに決めたのですが、(にわかファン)

インターネットで席を探したら余裕で買えてしまいました。

日本なんて武道館で6日間もコンサートして、全部埋まるらしいのに、、、。

ちなみに一番高い席で$399.90、安い席で$99.90。





EC2  EC3

EC4  EC5


左上: コンサート前にKorean Restaurantで腹ごしらえ。お得な11品セットで$15.
右上: コンサート会場のVector Arena
左下: ビールやワインも売ってます。みんな結構飲んでました。
右下: グッズ販売コーナー。



EC6

会場の中はこんな感じ。 多分、日本にあるアリーナの1/2~2/3くらいのサイズ。

前座バンドが7時半から30分ほど演奏して、(ひどかった~。)




エリック・クラプトンは8:30から登場。

初めて見る大御所の生演奏。

ドラムの音もでかいし、圧倒されました。

Tell the Truthで始まって、息つく暇もあたえず、全18曲。

Wonderful Tonight, Layla, Cocaine、怒涛の3連発でコンサートを閉めて、

アンコールはCrossroads.


事前に日本公演での演奏リストを調べておいたのですが、オークランド公演も全部同じでした。







カメラ持込OKなの? って思うほど、あちこちからフラッシュが。。。。


僕は、フラッシュをたかずにちょっとだけ撮影させてもらいました。


EC7

スタンド席の後方だったので、ステージはとても遠い。


EC8

少しアップにして。


EC9

さらにアップにして、ようやくエリック・クラプトンを確認!



EC10

さらにアップ。

ステージ上で目立っていたのは、ドラムの人だと思う。

でっかい体で、坊主頭で、首をくねくね揺らしながら、ドラムを叩きまくってました。


EC13

EC11.jpg

アンコール終了後は、バンドのメンバーと肩を組んでおじぎしてました。






EC12

翌朝の新聞。

No talk, just solid guitar-here business

ほんまにしゃべりませんでしたよ。

6曲目が終わったあとに、「Good Evening」って言ったのと、

あとは曲の合間に、「Thank you!」って言ったぐらい。

ちょっと残念だなあ、って思ってましたが、新聞を読むと、もともとコンサートで

多弁ではない人っていうのが分かりました。

プロは黙って、腕を見せる。 ってとこでしょうか。


いいもん見せてもらいました。







週末はおいしもん食べて。

2009
03/02
*Mon*


ちょっとお祝い事があって、知人の経営する「焼き鳥バー 大将」に行ってきました。



大将40



オークランドにありながら、わざわざ日本から備長炭を取り寄せている本格焼き鳥居酒屋です。


今年1月のオープン以来、宣伝もしていないのに連日Kiwiのお客さんで大繁盛です。


海外で、日本食をやるときは、やっぱり地元の人に来てもらってナンボですね。


この日も地元の人で大盛況。よかったよかった。




大将30



ワインの持ち込みOK(BYOW = Bring Your Own, Wine)なので、


今日はとっておきのフランスワインでお祝いです。






大将20




焼き鳥の写真をアップで撮影したはずなのに、帰って写真をチェックしたら写ってませんでした。


酔ってたのかな?



それにしても、焼き鳥はもちろんのこと、出てくる料理のおいしいこと!!


間違いなく、オークランドの日本食を語る上で、外すことの出来ないレストランです。








大将10


これ、すごいですね!

名づけて、トルネード・チップス!!


野茂も真っ青です。


外食って、「家では作れないもの」を期待するので、

こういうのに出会うと嬉しいですね。



おいしいものいっぱい食べて、おいしいワインを飲んで、楽しく過ごしました。




焼き鳥Bar 大将
190 Jervois Rd., Hern Bay
09-378-0746
要:予約




プロフィール

Toshi

Author:Toshi
旅行の仕事で世界をまわるうちに、海外に住みたいという思いを募らせ、2001年に家族とともにNZに移住。ワーホリサポートエージェント勤務を経て、2005年独立してオークランド留学センターを設立。
海外添乗、海外移住、海外起業、、、、若い頃には思ってもなかった人生を歩んでいます。
海外でのビジネスは、山あり、谷ありだけど、家族や友人に支えられてまだまだ頑張ります☆
今年も「開花」を目指してポジティブに頑張ります。



最近の記事



最近のコメント



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



FC2カウンター



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



Twitter



ブログ内検索



RSSフィード



Copyright © NZの話 Late for the sky All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。