11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
15
16
18
19
20
22
27
28
29
30
<< >>

This Archive : 2008年11月

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蛍光灯を換える

2008
11/26
*Wed*
ARCのオフィスの天井には、全部で8つの照明があって、それぞれに蛍光灯が3つづつついています。

「そろそろ年末だしなあ」と、切れている分を買いに行くことにしました。

ところが、この蛍光灯はちょっと特殊な形をしています。この形態を母国語以外で説明するのはちと難しい。
こんな場合は、写真に撮っておきます。うん、一目瞭然。デジカメって便利。

電球1

差込口もご覧の通り。
電球2
(うわっ!小指立ってる!! 違いますよ! 熱かったんです。



最初にDIYの大型チェーン、「Mitre10」に行って写真を見せてみる。でもそこでは売ってなかった。「うちでは扱ってないから、New MarketにあるLighting PlusかLighting Directに行ってみたら?」と親切な店員が場所を教えてくれた。

両方とも知ってる店。照明の専門店。

だけど1件目はNO。

そして2件目。

“ここならあるだろう、ないと困るぞ~”と思って得意のデジカメ写真を見せる。
「どうだ!この蛍光灯あるだろう!」

でも答えは「ノー」

「え~、そんな特殊な蛍光灯なのか~。やはり、ビルの管理人にお願いして変えてもらわねばならぬか! そしたらきっと高いお金取られるだろうなあ。」と半ば諦めかけたとき、

「多分、扱っていると思う店が2つあるから、住所書くわね。」 と若い店員さん。

むっちゃ、やさしい!!


ニュージーランドの店員って、どちらかというと客を客と思ってない人が多くて、「物を売ってあげてる。」っていう雰囲気をにょろ~っと醸し出しているのですが、彼女はとーっても若いのに、すごく丁寧に2つの店の住所と電話番号まで書いてくれました。

「気持ちいいよなあ、お店ってやっぱりこうでなきゃなあ。」

と、紹介してもらったPenroseの店までルンルンと車を走らせました。

そしたら、そこの店の人の接客態度がまたすごくいい!

「May I help you, Sir?」から始まって、蛍光灯の説明まで親切丁寧に案内してくださいました。

「ニュージーランド人にもこういう接客が出来る人がいるんやなあ。」 ちょびっと感動してしまいました。



晴れて目的の蛍光灯を手に入れ、喜び勇んでオフィスに戻って、古い蛍光灯と付け替えました。

が、

つかない。 ん? なんで?


まだ点いている蛍光灯を、切れてる箇所に入れ替えたりしてみたが、やっぱりダメ。


蛍光灯の問題ではなく、配線か何か別の問題だったようです。 




うおーっ!




スポンサーサイト

2008年のヒット商品

2008
11/25
*Tue*
Category:日本のこと
去年の11月に、日経トレンディ誌の予測したヒットランキングベスト30というのを掲載しました。(こちら

トップ10を抜粋してみます。

1 Wii
2 ビリーズブートキャンプ
3 動画共有
4 キッザニア東京
5 クロックス
6 宮崎
7 デザインエコバッグ
8 AXE
9 クリスピー・クリーム・ドーナツ
10 千の風になって


そして最近発表された、実際にヒットしたベスト10は以下の通り。(ベスト30はこちら。)

1 PB(プライベートブランド)
2 Eee PC
3 Wii Fit
4 アウトレットモール
5 ZERO系飲料
6 鉄道博物館
7 BBクリーム
8 H&M
9 BD(ブルーレイ・ディスク)レコーダー
10 ケシポン


1位になったのがプライベートブランドでした。ご存知でしたか?プライベートブランドが1位になっていたなんて。PBは小売店独自のブランドで販売される専用商品です。大手チェーンストアや生協などが、メーカーと共同開発して、独自のブランド名をつけて販売しています。、商品についての信頼性があり、且つ値段が安いので、世相を反映して消費者に受けたのでしょうか。

それにしても、予測していて、実際にランク入りしているのが、Wiiだけというのもすごいですね。プロが情報を集めて検討して発表しても、実際に流行るものというのはまったく違うんですねぇ。
世界水準と言えるのもWiiだけで、そのほかは日本独自の消費マーケットをあらわしていると思います。 

おもしろかったのが、30位に入った「富士登山」。なんでも、ミシュランガイドに、日本の山として紹介され、外国人を筆頭に人気が出て、さらに「安・近・短」であることから日本人にも富士登山ブームが再燃したそうです。2008年の登山者数は24万人らしいですよ。

いづれにせよ、「物が売れない時代」でも、ヒットする商品というのが存在するわけですから、それを作った人たち、ヒットさせた人たちというのはすごいなと思います。僕自身はとても平凡な人間なので、予想もしないヒット作品を生み出す能力はないと諦めていますが、一生のうちに一度くらいは、スマッシュヒット的なものを作りたいなぁ、、、。

あっ、そういえば、ソフトバンクの孫正義さんが、随分昔にNHKに出たときに、「学生時代は毎日、何十もの発明を考えることを自分に課して、ノートにアイデアを書きまくっていた。」という話をされていたのを思い出しました。やはり、創造力というのは、想像力の鍛錬なのかな。


ちなみにこちらが2009年ヒット予測ランキングです。
初めてみるものばかりじゃあ~!
1 新世代ディスカウンター
2 光回線加入付きBDレコーダー
3 リアップ“ファイブ”
4 インサイト
5 “0円スマートフォン”
6 ハイグレード和風カップめん
7 3D映画
8 横浜開港150周年
9 “トリプルゼロ”デザート
10 42型“電気代1/2”テレビ
11 端麗仕様ネットブック
12 ハイパワー電動アシスト自転車
13 “幻の焼酎”ポーク
14 体験型RPG
15 仕事成功ステーショナリー
16 20代女性向け携帯ゲーム
17 手のひら一眼デジカメ
18 電動マスカラ
19 踊る!創作たいやき
20 星空ビジネス

タイミングというもの

2008
11/24
*Mon*
Category:ARC関係
星野仙一が巨人の監督就任を断ったときに、「人生にはタイミングというものがある。」云々ということを言ったのだが、(野球ファンしか知らないことなので、軽く読み流してください。)、オリンピックで惨敗した後の処理が悪かったようで、WBCの監督も辞退することになり、すっかり星野さんの人生のタイミングが狂ってしまったような気がします。

私自身も、「タイミング」ということについては、よく意識するほうで、いいことがあったときには、「タイミングが良かった~!」と喜び、おいしい話を逃したときには、「イー!!」とほぞをかみつつ、「タイミングが悪かったからだい!」と言い訳したりしています。

タイミングというのは、ある意味「センス」が求められるものではないかと思うのです。つまり、「ここだ!」と思ったときに、それなりの動きがきっちり出来るかどうかで、それが出来るために、普段から自分を磨けているかどうか、ということが言える。いいときも悪いとも見ててこそ、いい時のタイミングというのが見極められたりするんではないでしょうか。


さて、難しい話はともかく、今の世界的な為替変動(特に円高)は、インターナショナルビジネスをする人間にとっては、ひとつの大きなタイミングと言えるでしょう。


この表は、日本円とニュージーランドドルの過去120日間の動きです。
80円台だったニュージーランドドルが、11月には50円台にまで下がってきました。
ぐ1

アメリカドルとニュージーランドドルの動きを見てみると、上の表と非常に似ていることが分かります。
ぐ2

これは、日本円とアメリカドルの動きです。
ぐ3


ほぼ同じ動きをしていることが分かります。


日本滞在中に、「これから日本経済はどんどん悪くなるよ。」「失業率が上がる。」等、全然景気のいい話を聞くことが出来ませんでした。

かく言うニュージーランドでも、「失業率がアップ」「ニュージーランド航空で大量解雇」「預金利率の値下げ」など景気のいい話はありません。 

だけど、ものには表と裏があって、表で冷たい向かい風に吹かれていれば、裏では暖かい追い風に吹かれていることもあります。 

ニュージーランドもガソリン代が少し下がったことと、住宅ローンが下がったことくらいしかいいことがないですが、それが“超ラッキー!”とタイミングに乗れる人もいるはずです。


大きな為替変動が、人生の絶好のタイミングである人もいるはずです。


それは誰か?


それはもちろん、海外投資を計画している人、そして、自分への投資という「留学」を考えている人です。


今年ももうすぐ終わりです。


来年はきっと違う年になるでしょう。


このタイミングで追い風に乗って飛んでいきましょう!

オークランド留学センターは、風に流されて飛んでいかないように(笑)、皆さんをしっかりサポートいたします! 

留学のお問い合わせは是非【オークランド留学センターまでどうぞ!


夏の準備

2008
11/23
*Sun*
ばっちり花粉症のシーズンに入ってしまい、毎朝ハナタレ、クシャミに悩まされています。
こいつを止めるには、TelFastという花粉症の薬が一番なのですが、10粒で27ドルもする、オソロシク高価な薬なので、「今日は薬がなくても大丈夫でありますように!」と目覚めと同時に祈る日々でもあります。

例年だと12月末頃から1月中旬までの間にピークを迎えるのに、今年はなぜか早めにピークがやってきてるようです。僕の花粉症は、おそらく「ブタクサ」という、背の高い分枝した雑草で(茎の高さは30~150cm)、乾燥した野原や牧場、道端、荒れ地、畑の周辺などに生育し、野原ではあまり目立たないようにして咲いています。英語名「hog weed」を直訳しブタクサと呼ばれている、なんとも情けない名前の植物です。

日本では花粉症のなかった僕ですが、ニュージーランド移住3年目頃から、このブタクサとの格闘が始まり、花粉症が始まると、夏が来たことを感じています。



さて、今年も残り一ヶ月とちょっと。年内の営業は12月24日まで。会社のカレンダーも2009年バージョンを用意しました。クリスマスの飾りつけや、カードの準備もしよう。どんどん暑くなるし、「年末」というよりも、「夏」のニュージーランドを楽しむ準備をはじめるとしましょう。



ツリー



どこかの空

2008
11/21
*Fri*
rot1

rot2

rot3

rot4

rot5

1泊2日でロトルアとハミルトンに出張に行ってきました。


日本で買った+50の日焼け止めも役に立たないくらい、夏の陽射しがきつくて、運転をしていた右手が赤く日焼てしまいました。








指どうしたん?

2008
11/17
*Mon*
今年も元気に巨大サンタさん登場です!

すっかり夏の風物詩になっています。

巨大サンタ1

だけど、どこかおかしい。



なんだろう?



あっ、わかった。



いつもは動いている右手の人差し指が動いてない!



挙動不審だった、巨大サンタさんが、ただ単にでかいサンタさんになっている。





よ~く見ると、、、、






あっ! 絆創膏してる!!
巨大サンタ2






巨大サンタ3
                  

どうしたの!!??


何かに指を挟んで動かなくなってしまったのだろうか。


この夏、オークランド一番の謎かもしれない。

カナダからの手紙

2008
11/14
*Fri*
飛行機

2週間の日本出張を終えて、昨日オークランドに戻ってきました。
日本での仕事は刺激が多いので、NZ生活でメモリの小さくなった脳みそには容量オーバー気味で、調子を合わせるのに随分苦労しました。ニュージーランドに戻ってくると緑の多さと、人の少なさと、ずっと向こうまで見渡せる景色にほっとします。


不在に間に、カナダからの絵葉書が届いていました。
カナダからの手紙
ともに、以前ニュージーランドにワーキングホリデーで滞在していた方からです。
今度はカナダでワーホリ生活を楽しんでらっしゃるそうです。

いいですね~。

人生1回こっきり。いろんな国でいろんな経験を楽しみましょう!


プロフィール

Toshi

Author:Toshi
旅行の仕事で世界をまわるうちに、海外に住みたいという思いを募らせ、2001年に家族とともにNZに移住。ワーホリサポートエージェント勤務を経て、2005年独立してオークランド留学センターを設立。
海外添乗、海外移住、海外起業、、、、若い頃には思ってもなかった人生を歩んでいます。
海外でのビジネスは、山あり、谷ありだけど、家族や友人に支えられてまだまだ頑張ります☆
今年も「開花」を目指してポジティブに頑張ります。



最近の記事



最近のコメント



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



FC2カウンター



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



Twitter



ブログ内検索



RSSフィード



Copyright © NZの話 Late for the sky All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。