06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
16
17
18
20
21
23
24
25
27
28
30
<< >>

This Archive : 2007年06月

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ARCスタッフ 7月の星占い

2007
06/29
*Fri*

ARCスタッフ 7月の星占い


牡牛座のあなた 4/20~5/21


「何がなんでもやってやる!」と気迫に満ちた態度で臨んでいた先月とはうってかわり、のんびりモードへチェンジ。物事の進行はペースを落とすものの、いつもよりもソフトな感じになるので、周囲の人から評判は上々。


らしい。  


ということで、今月の私は


Slow Down


射手座のあなた 11/23~12/21


良い意味で周囲からの影響が強い時です。人との交流は積極的に行って下さい。とくに年下のにぎやかなタイプの人はお近づきになって損はナシ。騒ぐときは一緒になってトコトン!をモットーに!


らしいです。 


ということで、今月の長谷川映子さんは、 射手座
ドカーンと騒いで下さい。


乙女座のあなた 8/23~9/23


今期のあなたは前にも進むことができず、かといって後退することも出来ない足踏み状態に陥りそう。今期は欲張らず、目の前のことをひとつずつ片付けていくことを心がけましょう。


らしい。 


ということで、今月のホー真由美さんは、 乙女座
動かずにじっとしていましょう。

スポンサーサイト

些細な喜び

2007
06/26
*Tue*
Category:スポーツ
週末にニュージーランドで一番大きなスポーツショップチェーン「REBEL SPORTS」に行きました。
REBEL

ホッケースティック、クリケット用品、ラグビー用品などニュージーランドならではのスポーツグッズ盛りだくさんの中見つけた
REBEL3


ソフトボールグッズ! 
REBEL4


日本でもニュージーランドでもサッカー主流の今日ですが、
やっぱりボクは野球が好き! ソフトボールのグローブでも思わずコーフン。
ソフトボールをやっていた少年時代を思い出しました。
REBEL5



些細なことに嬉しくなった週末でした。



ちなみにこんなものも売ってました。
REBEL2


Airport

2007
06/22
*Fri*
オークランド空港のすぐそばに、Lookout (見晴台)があります。ここからは滑走路を含め、空港全体が見渡せるので、「飛行機を見に行く。」のに絶好の場所でしょう。名目どおり24時間空港なので、どの時間でも離発着のシーンを眺めることが出来ます。
滑走路

空港の周りは牧場。お馬の親子がのんびり草を食んでます。
空港の周り



小学校の頃、弟が遠足で「伊丹空港」を見に行くということを聞いたとき、まだ飛行機を見たことのなかった私はとても羨ましかった。空港の屋上展望台での集合写真を見せられたときは、食い入るように飛行機を眺めたものです。そして「いつか空港に行ってみたい。飛行機に乗ってみたい。」と憧れました。ということを、下の写真を撮っていたときに思い出しました。

ターミナル


着陸間際の機内から外を見ると、遠くにスカイタワーやビル群が見える。
オークランド



最近、ニュージーランドへの「日本人」渡航者が減ってきています。
ドル高の影響や、宣伝力の不足などいろんな要因があるとは思いますが、治安が良く、人が暖かいニュージーランドは、「来れば大好きになる」魅力的な国です。

1週間の食卓

2007
06/19
*Tue*
Category:食べ物
日本の週刊誌に、有名人が1週間の行動と食べたもの書き、それを栄養士が評価するというページがあります。たま~に新刊が手に入ると、「さっすが芸能人、ええもん食べてるなあ。」とか、「健康に注意してるなあ。」とか「ほおぉ、こういう仕事もしてるねんなあ。」と興味を持って読んでいる。


「はて、おとといの晩御飯はなんだったけ?」というくらい、食べたものに関する記憶の遠い昨今、
やってみました「私の1週間の食卓。」
「恥ずかしいからやめて!」という家内の願いを無視し、書いてみました。

6月11日(月)
朝: ごはん、味噌汁、目玉焼き。 ニュージーランドに来てから何故か「和食」にこだわり、朝も可能な限りはご飯を食べる。午前:今日から始まる修学旅行の現地コーディネートの仕事がスタート。今日は現地のR高校にて、160名の日本人生徒が丸1日滞在して交流会。家を出てすぐに、学校の先生からの電話で急なプログラムの変更を伝えられ焦るが、なんとかクリア。 昼は学校が用意してくれたサンドウィッチとジュース、みかん。夜: 帰宅は20時頃。遅い時間なので軽めの夕食。親子丼と味噌汁、サラダ。
列
サンドウィッチに並ぶ学生たち。

6月12日(火)
朝: トースト1枚、ヨーグルト、ジュース。 今日も団体コーディネーターとしての仕事だが、昨日と違って英語学校でのプログラム。今日は220人!なんやかや走り回るうえにトースト1枚だけだったので、10時ごろには空腹に。昼は英語学校の用意してくれたサンドウィッチとジュース。フルーツもあったがパンが大きくて満腹。日本人経営のケータリング会社に注文したもので、なかなかおいしかった。今日のプログラムも無事終了し、夕方オフィスに戻るとメールの山で、そのまま残業。帰宅は21:30頃。 夜はパスタ(ペンネ)とサラダ。この日は米を食べなかったので、やや不満のまま眠る。

6月13日(水)
朝: トースト2枚、ヨーグルト、ジュース。 ゆっくりコーヒーも飲みたいのだが、時間がないのでいつも半口程度。今日も英語学校での研修。いよいよ最後の班。最後の班なので気持ちにもゆとりが出来る。昼食が昨日と同じメニューと分かっていたので、何か違うものを食べたいなあと考えていたときに、卵アレルギーでパンを食べれない生徒から、「チキンなら食べれます。」という注文を受け、学校の外に買いに行く。 おいしそうなので少し大目に購入し、添乗員や先生と分けて食べる。昼食:サンドイッチ、ジュース、フライドチキン2つ。すべての研修が無事終了。 大型団体というのは、生徒のケアも去ることながら、先生、添乗員がどう感じてるかというのも気になるので、必要以上に神経を使う。少林寺拳法の練習日だが、仕事が遅くなったのでさぼる。夕食:日本から送ってもらった炊き込みご飯の素で作った「鯛めし」と野菜いためなど数品。鯛の身が真空パックに入っていたそうで、確かにご飯の間に鯛の身が散らばってる。どこかの料亭と提携した商品らしく、味もなかなかのもの。ビールを飲みながら2杯も食べてしまい、食後は満腹感でぐったりする。


6月14日(木)
この3日間はいつもより早く起きていたので、今日も早く目覚めてしまう。ご飯を食べようと、炊飯器を見ると空っぽ。あきらめきれずに1合分だけ鍋で炊く。朝:ご飯、梅干、目玉焼き、残り物の味噌汁。午前中は、終了した団体の書類整理や損益計算で時間があっという間にすぎる。昼食:即席めん。普段オフィスにいるときは弁当持参。今日は弁当のなかでも超簡単な出前一丁。 たっぱに沸騰したお湯と出前一丁、それに刻んだ野菜を入れてきちっと蓋をして電子レンジでチンすると、鍋で炊いたようなラーメンが出来上がる。卵を入れても美味。体に良くないと分かっていても、やめられない。午後もずっとオフィスで仕事。7月に高校生を集めて進路説明会を開催するので、帰国子女枠入試について調べたり、新しい団体研修の企画など。夜:カレーライス&サラダ。家に戻ると誰もいない。そうか、今夜から3日間、娘のバレエの発表会だ。飼っているウサギと遊びながらカレーライスを食べる。

6月15日(金)
朝:卵がけご飯、梅干、味噌汁。梅干は1~3月まで滞在されていたシニアのお客様がわざわざ送ってきてくれたもの。梅干のほかにご自身で漬けた、とってもおいしい塩昆布と生姜も同封されていて、私の毎朝の食卓の友となっている。感謝、感謝。昼:カレーライス。夕食にカレーが出ると次の日の昼食はカレーと決まっている。作りすぎたときは冷凍庫で凍らせておけるので、非常食としても重宝されている。この日も一日中オフィスで仕事。何をやったか覚えてないのでメールの送信履歴を見ると、7月の団体研修の手配連絡や高校留学生の保護者との連絡、高校生セミナーに向けた準備など。日本の大学に進学したい生徒は、小論文に取り組まないといけないので、予備校と提携できないかと考え、駿台や代ゼミなどにメールを送る。ワーホリや大人の留学はスタッフの真由美が担当してくれているので任せている。夜:お世話になってる英語学校の日本人カウンセラーさんが帰国することになり、その送別会にお邪魔させてもらう。新しく出来たという韓国料理店。こざっぱりしていて、白人の客も目立つ。寒いので、キムチ鍋にしようということになり、オレンジ色に染まったスープの鍋を注文。中身は、豆腐、キャベツ、もやし、ねぎ、にんじん、マッスル、餃子など。はふはふ食べながら、ビールも進む。調子に乗って韓国焼酎を飲み、その次に行った店でも赤ワインをがぶがぶ飲む。
鍋


6月16日(土)
ゆうべ飲みすぎたせいで、昼近くまで起きれず。昼:残っていた味噌汁に、そうめんを入れて食べる。午後、二日酔いから回復し、近所のアウトレットモールへ。Yシャツを買いたかったが、質の割りに値段が高いので見るだけ。夜は娘のバレエ発表会を見に行く。始まりが早いので、近所の中華レストランへ。肉団子とHot&Sourスープとご飯。上海料理と看板が出てたが、あっさり味だったので、上海味というのはあっさり味だと勝手に認識。発表会では小さな子供から高校生まで、バレエやタップダンスを披露してくれた。娘の出演シーンはデジカメで録画。デジカメは動画も撮れるので便利。

6月17日(日)
朝早くお腹がすいて目覚める。トースト2枚、ヨーグルト、コーヒー。週末の朝は、ひとりでゆっくりご飯を食べてインターネットでプロ野球の結果をチェックするのがこのところの習慣。その後、お客様を出迎えに空港へ。今日の出迎えは、大阪の大学生。学校を休学して半年英語学校に通う。ニュージーランドが寒いので、びっくりされる。昼:ホームステイ先へ送り届けると時間はもう1時半。一度入ってみたかった廣州料理店へ。メニューが全部漢字という、ガイジンをまったく無視した中華料理店で、メニューとにらめっこし、香茹伝耳蒸鶏飯というものを頼む。耳たぶのように軟らかく蒸したチキンがご飯の上にのっかていた。思いのほかうまくて、がつがつと食べる。夜は家内も娘も友人たちとプロのバレエを見にいったので、また一人。冷蔵庫を覗くと、白菜と水餃子を発見。中華スープと醤油で味付けし、さらにソーメンを投入する。適当に味付けした割りにはいい味が出てた。
鶏飯
香茹伝耳蒸鶏飯

と、ここまで書いて「あほなこと書いてるわ。」と情けなくなったワタクシです。読んでる方に栄養士の方がいたら採点してください。

私の仕事のひとつ~学生団体手配

2007
06/15
*Fri*
Category:留学
修学旅行や語学研修でニュージーランドを訪れる中高校生はニュージーランドドル高の影響で多少目減りしたものの、7月、8月は学生団体到着のピークです。

オークランド留学センターでも、修学旅行や語学研修の現地コーディネーターとして、忙しいシーズンを迎えます。

その第1弾として6月11日(月)から3日に亘って540名の修学旅行生の1日研修x3班のお手伝いをしました。
今年の初め頃に、その高校が使っている旅行会社からの依頼で、「滞在中の1日を使って英語研修をアレンジできないか?」という相談を受け、ニュージーランド現地の高校を訪問するプラン、英語学校での英語授業+アクティビティプランという2つの案を提案したところ、2つとも採用され、1班は高校訪問、2班、3班は英語学校での研修となりました。

かなりの大型の団体だったので、企画提案~手配~催行 まで無事終了した今は、本当にほっとしています。

今、こうして一区切りつくと「エージェント」の仕事をしたなあ、と実感します。

よく日本の野球選手がメジャーリーグへ移籍するのに「代理人」を利用します。
右にあるものを左に紹介するという単純な仕事ではなく、移籍候補の球団と、起用法などグランド上での条件折衝に加え、年棒や付帯条件などグランド外での条件を折衝を行い、一番いい球団を選手に紹介し、さらに契約内容にまで首を突っ込み、双方が一番いいコンディションで契約できるようにする。大雑把に言ってしまえば、多分そういうことをしているのでしょう。

私たちのような留学エージェントも、ただ単にお客様に学校を紹介するという仕事をしているわけではありません。

今回の団体研修を例に取ってみると、クライアント(日本の学校)のニーズに見合うプログラムを構築するためにこちらでいろんなアイデアを出し、受け入れ候補を探し、その学校と何度も交渉をしながらお客様の求める以上のものを創っていきます。 
予算を考慮して、どんな研修が出来るかを何パターンも考え、時間配分やバラエティさ、分かりやすさ、アピール度、お客様の満足度など、シュミレーションを繰り返します。
もちろん、その作業の間にもクライアントとやり取りをして、新たな注文を受けたりします。

一通りのプランが完成してもあくまでも「机上のプラン」に過ぎません。実際にクライアントが到着し、そのプログラムを提供する学校がサービスを開始して始めてカタチが出来ます。
もちろん現場に立ち会ってプログラムの遂行もサポートしますが、
プランどおり実施されることも、予想もしない急な変更があって、調整をしながら実施されることもあります。予定と違うようになった時に、うまくまとめるのも仕事です。

この商売のいいところは、参加生徒が喜んでくれ、受け入れ側も喜んでくれるのを目に出来ること。
そういう事を再確認できた今回の仕事でした。

starlight symphony
学校交流のひとこま。現地生徒によるパフォーマンス。

starlight symphony2
仲良くなれたかな?

4
英語学校での授業の様子。

starlight symphony3



プロフィール

Toshi

Author:Toshi
旅行の仕事で世界をまわるうちに、海外に住みたいという思いを募らせ、2001年に家族とともにNZに移住。ワーホリサポートエージェント勤務を経て、2005年独立してオークランド留学センターを設立。
海外添乗、海外移住、海外起業、、、、若い頃には思ってもなかった人生を歩んでいます。
海外でのビジネスは、山あり、谷ありだけど、家族や友人に支えられてまだまだ頑張ります☆
今年も「開花」を目指してポジティブに頑張ります。



最近の記事



最近のコメント



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



FC2カウンター



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



Twitter



ブログ内検索



RSSフィード



Copyright © NZの話 Late for the sky All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。