09
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
28
30
<< >>

This Archive : 2006年09月

スポンサーサイト

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家康はすごい。

2006
09/29
*Fri*
Category:日本のこと
しかみ像


今回の日本訪問で、いくつか印象に残ったことを書き残しておこうと思います。 その最初が「徳川家康」!!
ニュージーランドのブログなのに「なんで徳川家康やねん?」ですね。

浜松でのセミナーが終了した翌日、次の移動までの空いた時間を利用して浜松城を見学しました。

城の中にあった、上の絵は 「しかみ像」 という徳川家康の絵です。
三方ケ原の戦いで、武田信玄にぼろぼろに打ち負かされ命からがら浜松城に逃げ帰った家康。家臣のお陰でなんとか信玄の追随を逃れましたが、この絵は、そのときの自分の姿を絵師に描き残しておくよう命じて出来たものだそうです。 頬はこけ、目は狼狽し、まさに家康「人生最悪の時」です。 家康は後生、この絵を常に傍らに置いて「自分を叱咤激励」していたそうです。

すごいです。 あの当時の武将の絵と言えばきちんと正装したものばかりですが、自分の一番ひどい顔をわざわざ絵師に書かせて、それを発奮材料にしていたという家康を尊敬しました!

私の去年「2005年」は仕事を始めたばかりで、何もかもうまくいかずに落ち込んでいた最悪の一年でしたが、早く忘れよう、とばかり思っていました。 しかし、この絵を見て「ふーむ」と考えることがいっぱいありました。

若き日の家康
浜松城にあった「若き日の徳川家康」の像。

浜松城
浜松城。中は博物館になっていました。 江戸時代、この城の城主が数多く幕府の要職に就いたことから出世城と呼ばれたそうです。「浜松は出世城なり、初松魚(はつがつお)」

うなぎ
浜松といえば「うなぎ」。おいしいうなぎどんぶりもいただきました。(ありがとう松下さん!)
浜松はとても住みやすそうな気持ちのいい街でした。是非また訪れたいです。
スポンサーサイト

帰国しました。

2006
09/27
*Wed*
機内から見たオークランド


9月12日から2週間の日本出張を終え、今日オークランドに戻ってきました。
短いようで、とても長く、そして内容の濃い2週間でした。

名古屋を皮切りに浜松、横浜、仙台、そして大阪の5箇所で行われたセミナーでは、海外渡航を計画する人たちがどのような心配を持っているのかが知れて、私にとっても非常に参考になりました。

また、各セミナーには元ワーホリ、元留学生がたくさん駆けつけてくれ、セミナーの中で体験談を語ってくれたり、私の仕事の励ましをいただきました。「こんなにたくさんの人たちが応援してくれているんだ。」と勇気づけられました。


出発前に「日本のスタンダードを確認する。」という目標を掲げましたが、訪れる場所(駅でも、レストランでも、ホテルでも)どこにでも、そして日本であった人たちすべてから、私の血になり肉となる様々な勉強をさせていただいたと思います。


よし! 明日からスピードを上げて、仕事に励むぞ!

日本行きに向けて

2006
09/08
*Fri*
Category:留学
プロペラ飛行機


このところブログをすっかりサボっていました。
ある雑誌で(確か糸井重里だったかなあ)新しい情報をインプットすることなしに、個人がブログで情報をアウトプットしていけるのはせいぜい1年だ。と読んだような気がします。
ブログを始めて数ヶ月経ちますが、「毎日欠かさず更新しています!」という企業家の話なんかを目にすると「たくさん情報が舞い込む毎日を過ごしてるンだなあ。それにしても、毎日更新するなんてすごいなあ。」と感心してしまいます。

9月12日からセミナー開催のため日本に帰るわけですが、たくさんの「日本の」そして「日本から見た世界」の情報をインプットしてきたいな、と思っています。

「井の中の蛙 大海を知らず」という言葉がありますが、私は知らず知らずのうちに、そのようなものになっているのではないかという不安を常に持っています。

現地エージェントという生業を通してたくさんの方にお会いして仕事をさせていただいていますが、自分が常識と思うことが実は全く見当違いな常識だったり、ニュージーランドの情報を発信していても、実は誰も求めていない情報を発信してるのではないか、求められるものに気付いていないのではないか、いう不安を持っています。

言い換えれば「標準」というものが、どこにあるのかを知っておかなくては、それより上のことが出来ないのではないかと思っているわけです。

日本での2週間の滞在で、そういった「日本の標準」というものを再認識したいなと考えています。



プロフィール

Toshi

Author:Toshi
旅行の仕事で世界をまわるうちに、海外に住みたいという思いを募らせ、2001年に家族とともにNZに移住。ワーホリサポートエージェント勤務を経て、2005年独立してオークランド留学センターを設立。
海外添乗、海外移住、海外起業、、、、若い頃には思ってもなかった人生を歩んでいます。
海外でのビジネスは、山あり、谷ありだけど、家族や友人に支えられてまだまだ頑張ります☆
今年も「開花」を目指してポジティブに頑張ります。



最近の記事



最近のコメント



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



FC2カウンター



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



Twitter



ブログ内検索



RSSフィード



Copyright © NZの話 Late for the sky All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。